日本人の花粉症の人口・割合は?昔と比べてやっぱり増えてる?海外との比較は?

花粉

毎年この季節になると花粉症のためなのか、それとも風邪をひいているのかわかりませんが、マスクをして歩いている方が多いですよね。

ところで、日本で花粉症が流行する時期に、外国の映像を見てもマスクをしている人をあまり見かけないと思いませんか?

とても不思議ですが、もしかしたら花粉症で悩んでいるのは日本人だけなのでしょうか?

今回は花粉症で悩んでいるのは日本人だけなのか? もしそうだとしたら日本人のどのくらいの割合の人が花粉症なのかを探ってみましょう。

花粉症で苦しんでいるのは日本人だけなの?

まず一番の疑問点である、日本人だけが花粉症で悩んでいるのかどうか、という点についてお話しをしてみる事にしましょう。

確かに日本人が花粉症で苦しんでいる間、海外の映像を見ても花粉症で辛そうにしている人は見かけませんよね?

あれはどうしてか不思議ですね。

実は花粉症の原因となっているスギ花粉は、海外ではほとんどが森の中でしか飛ばないものなので、街や人が暮らしているところまでは花粉は飛んできません。

アメリカの国土を見てもらえばすぐにわかりますが、日本ほどスギ林と民家や街が隣接している場所なんて、ほとんど見る事ができないほど広大ですよね。

もうわかりましたね?

アメリカなど海外では、スギ花粉が原因で花粉症になる人がいないのです!

ではどうして日本人は花粉症で毎年苦しまなくてはならないのでしょうか?

その理由については諸説もろもろですが、最も納得ができるのが次の説です。












第二次世界大戦が引き金となって日本に花粉症がやってきた!

これは実際に戦争を体験した方のお話しですが、戦争が起こる以前の日本にはスギ林というものは、ほとんどなかったのだそうです。

あったのはブナやナラやヒノキに松など、実に豊かな生態系を持っていたのだそうですが、戦争で森や林を焼かれてしまったため、森や林を復活させる必要があったのです。

環境の問題について詳しい方はわかりますが、山に木が生えていないと山の泥や土が海や川を汚染してしまうので、早急に森や林を復活するために、成長が早いスギをびっしり植えたのです。

スギは成長して花粉を出すまでには何十年もかかりますので、花粉を出すまでは花粉症で悩む事になろうとは誰も思わなかったのです。

ところが戦争から30年以上経過したある時を境に、日本全国で一斉に花粉を飛ばすようになったのです!

森が少ない日本では、スギの花粉が飛散する地域に街があり、その街では道にアスファルトやコンクリートが敷き詰められているため、花粉が道路に舞い降りて風が吹くたびに人間の身体を刺激したのです。

これが一番有力な花粉症と日本人の関係です。

では次に花粉症で苦しむ人口や割合についてをお話ししていきますので、驚かないで見ていただきたいです。

 

花粉症の人口と割合の推移について

日本人の中で花粉症で苦しんでいる人は、どのくらいの人口でどのくらいの割合なのかを調べてみると、スギ花粉で苦しんでいる人の割合は、全体の人口のおよそ26.5%だそうです。

2008年の調査によって花粉症の有病率が多いという事はわかりましたが、実はそれからちょうど10年前に比べると、10%も有病率が増えているのです。

この割合でいくと、日本人のおよそ4人に1人が花粉症で苦しんでいるという事になるのです!

凄いと思いませんか?

ちなみに花粉症は、年々蓄積していくことでアレルギー症状が出るので、森の年齢と同じくらいの年代の方の発症率が高くなると言われています。

だから現在40歳以上の方に花粉症の症状で悩む人が多いのです。

最近では花粉に対しての抵抗力が低下しているせいなのか、若い方にもアレルギーの症状で苦しむ人が出てきているそうです。

アレルギー症状が出てしまうと、年々その症状はひどくなっていくので、できるだけ早い段階で何らかの治療をするといいでしょう。

まずは病院でアレルギーのテストを受けてから、自分に合った薬を処方していただくといいですね。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ