肩こりと頭痛,吐き気が!目の奥も痛い!考えられる病気や原因は?

頭痛

頭痛って嫌ですね!

ところで頭痛の原因は、頭部への血流が滞ったりした事によるものが多いのですが、他の症状が出てくる事もあるので本当は怖い病気なのです。

今回は頭痛の症状と頭痛の関連性についてをご紹介していこうと思います。

頭痛の最も多い原因は肩こり?

日本人はとかく頭痛持ちが多い人種だと言われていますが、それは日本人の性質が強く関係していると言っても過言ではなく、特に肩こりが原因の頭痛は日本人ならではだと言えるでしょう。

どうしてかというと、日本人以外の外国の人は肩こりというものを体験した事がない人が圧倒的に多いからです。

不思議ですよね?日本人がこれだけ悩む肩こりに、外国の人は全く気付かないというのです!

実はこれも人種による差があるからだと言われているのです。

実は肩こりは頭痛の原因の第1位!

肩こりそのものが血行不良のために起こるので、その血行不良が首や頭部にまで及ぶために頭痛がするわけです。

ではその他の症状と頭痛の関係をご紹介しましょう。

 

吐き気が伴う頭痛の場合

頭痛がして吐き気がするというのはよくある事ではありませんが、体質によっては頭痛がひどくなると吐き気を感じる事があるものなのです。

頭痛による吐き気の原因が一概に病気だとは言えないところもあり、頻繁に起こるようであれば脳の病気が疑われるので、病院に行って検査を受けるといいでしょう。

吐き気がする頭痛の原因が病気の場合、脳の病気を疑う事が多いようですが、例えばくも膜下出血や脳卒中などの病気が疑われます。

病院での画像検査や血液検査などを受ける事によって、早期発見をして治療をする事ができます。

一族に患者が多い場合は予防のために、食生活などの改善をするなど、予防にも努める必要があるでしょう。

では次にめまいや目の奥が痛いのと同時に頭が痛いという場合には、どんな病気が疑われるのかをお話しします。












めまいや目の奥が痛い頭痛の原因は?

目の奥が痛い頭痛の場合ですが、原因は目の疲れかもしれません。

最近はパソコンを長時間使って作業を行う仕事も増えていますので、目の疲れが起こり眼精疲労を起こすため、目の奥が痛いと感じる事になるのです。

さらに眼精疲労による目の奥の痛みを繰り返し起こすようになると、その疲れが原因で頭が痛いなどの症状が出てくる事になるのです。

そして眼精疲労の原因の一つが肩こりであると言われているので、まずは眼精疲労を取り除いて血行不良を改善し、肩こりも治療する必要があるでしょう。

肩こりの治療を行うためには、凝り固まった肩の筋肉をもみほぐす必要があります。

 

肩こりを簡単にほぐしめまいや目の奥の痛みを改善する!

定期的に肩を動かして筋肉をもみほぐしましょう!

血行不良が改善してくれば、眼精疲労も肩こりも改善し、頭痛がひどくなる事もないでしょう。

めまいの原因は眼精疲労による血行不良が原因で、頭への血流が悪くなり酸欠状態になるからめまいや立ちくらみになると言えます。

つまり血行不良をおこさないように予防をしたり、疲れたら休むなどの工夫をする必要があるのです。

最後に、眼精疲労に効くツボを紹介している動画を見つけたので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ