ロタウイルスに大人(成人)が!?仕事や会社はどうすれば?

ウイルス

ロタウイルスは感染すると下痢や嘔吐を繰り返し、重症の場合には脱水症状や命に関わるような症状が出てくる事でも知られています。

ですが、基本的には乳幼児や抵抗力の弱いおとしより以外では、重症化する事はほとんど無いと言われています。

もしも大人(成人)が感染してしまったら、どのように対処すればいいのでしょうか?

ロタウイルスに大人が感染してしまったら

大人が感染したとしても、それまでにも感染しているはずなので、それほど症状はひどくならないと考えられています。

若い世代だったら抵抗力もありますし、あまり心配する事も少ないと言えるかもしれません。

症状としても比較的軽くて済むはずなので、あまり神経質にならなくても良いとは思うのですが、このロタウイルスは感染力がとても強い事を忘れてはいけません。

なので、他の方へ感染させないのが一番重要な課題となります!

でもロタウイルスだからと言っても、この病気の怖さをしっかりと知っていない会社であれば、会社を休む事は難しいと言えるかもしれません。

そこで、ロタウイルスに大人が感染してしまった場合の仕事への注意についてを知る必要があるという事になります。

 

感染したら仕事はどうするべきなのか?

ロタウイルスは感染力が非常に強いウイルスですので、本当ならば感染した事がわかっているのであれば、仕事に行くのは避けた方がいいかもしれません。

ですが仕事を休むというわけにはいかない事の方が多いですよね?

そこで仕事に出るにしても、他の方に感染させないように配慮するといいでしょう。

例えば、手洗いや消毒の徹底をする必要があるのですが、嘔吐がある段階で仕事に出るのはやめた方がいいでしょう。

嘔吐がすでに止まっている段階であれば、嘔吐したものからウイルスを感染させる事はありませんので、嘔吐が止まっている事が仕事に行く事の最低限の条件です。












休んだほうが良い仕事もあります

例えば食品関係の仕事をしている場合などは、会社に連絡をしてロタウイルスに感染した事を話し、その間だけ仕事を休めるようにした方がいいかもしれません。

お弁当屋さんや食堂で働いている人などは、しっかりと予防をしていても完全に感染を防ぐ事は難しいかもしれませんので、感染拡大をしないためにも職場の方と相談をするといいでしょう。

というのも、ロタウイルスはアルコール消毒をしても死滅しにくいので、何がきっかけで他の人へ感染してしまうかがわからないのです。

だからこそ飲食業関係などで働いている方は、仕事に出るか出ないかを前もって相談しておくといいかもしれませんね。

 

一般の会社員の場合は?

大人は健康で抵抗力があれば感染しても軽い症状で済みますので、それがロタウイルスであるという事に気づけないケースも多いのではないでしょうか。

普段とはちょっと違った胃痛や下痢、吐き気といった症状が出てきてしまったら、病院に行く事をおすすめいたします。

病院で検査をしてもらえばすぐにロタウイルスであるという事がわかると思うので、それがわかってから会社の方へ連絡をするといいでしょう。

 

感染したら何が怖いのか?

ロタウイルスに感染したら、大人ならそれほど体調不良にならずに済みますが、乳幼児がいるご家庭の方にうつしてしまうと大変な事になります。

乳幼児がロタウイルスに感染すると、重症化しやすくなってしまうからです。

もしも自分がロタウイルスに感染してしまったら、他の方への感染を防ぐためにもうがいや手洗いをしっかりとして、塩素系漂白剤を薄めて作った消毒薬を使って殺菌をするように心がけましょう。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ