RSウイルス感染症になる原因とは!?予防薬は存在する?

ウイルス

RSウイルス感染症は秋頃から流行期に入るので、乳幼児のいるご家庭では感染に気を付けたいと思うものですよね。

今回はRSウイルス感染症に感染してしまう原因についてを調べてみましたので、できるだけわかりやすく説明していきたいと思います。

RSウイルス感染症の原因とは?

そもそもこのRSウイルス感染症は、RSウイルスというウイルスに感染する事が原因で発症します。

このウイルスは人に感染する前はそれほど感染力が強くはないのに、一旦人の体に感染してしまうと強い感染力をつけてしまうのだそうです。

そしてこのRSのRが呼吸器系のという意味となり、呼吸器系に重大な症状を引き起こす感染症という意味合いになるのだそうです。

だから風邪とよく似た症状が出てくるのですね。

 

呼吸器系に感染して肺炎などを引き起こす事も!

呼吸器というくらいですから、気管支はもちろんですが肺などにも感染し、炎症を引き起こす可能性のあるウイルスという事になります。

ですがこのRSウイルス感染症は、抵抗力が強い健康な子どもや大人の場合、感染してしまったとしてもちょっと咳が出る風邪というくらいしか症状が出ないものだそうです。

ところが低体重で生まれた乳児や肺や気管支に疾患を抱えている乳児やお年寄り、そして抵抗力が弱っている大人の方が感染すると、重症化してしまい肺炎や細気管支炎などを引き起こしたりするする事もあるそうです。












初めての感染には特に注意しなくてはならない

このウイルスに感染してしまうと、無呼吸になってしまう例もあるようですが、、実はこの無呼吸が「乳幼児突然死症候群」の原因の一つともいわれているのです。

しかも派手に高熱が出るというのではなく、咳も出ず静かに重症化していき、気がついたら呼吸をしていなかったという症例もあるのです。

だからこそ重症化しないようにする事が必要になってくるわけですが、よく言われる予防薬なんてあるのでしょうか?

 

RSウイルス感染症には予防薬があるのか?

病院などで聞いてみるとわかると思うのですが、RSウイルス感染症には予防薬というものは存在していません。

だったらよく言われている予防薬っていったいなんの事なの? と思われるかもしれませんので簡単に説明しましょう。

おそらく皆さんが聞いた事があるのは「シナジス」という注射の事ではないでしょうか?実はあれは予防薬ではなく抗ウイルス薬です。

抗ウイルス薬ですからつまり予防薬ではなくて、感染した時に重症化しないようにするための注射というわけですね。

 

シナジスを受けられるのは?

シナジスは誰もが簡単に受ける事ができる注射ではなく、国で定めた早産で生まれた赤ちゃんやダウン症などで生まれた赤ちゃん、肺や気管支に疾患のある赤ちゃんなどに限られています。

もちろん他の方も希望をすれば受けられるのかもしれませんが、保険適応外なので8万円~32万円という高額な注射になるので相談してお願いしましょう。

注射の受け方にもルールがあるので、医師にルールをしっかりと聞いて注射を受けるようにしましょう。

通常の体重で生まれてきた赤ちゃんの場合は、初めての感染でもそれほど重症化する心配はないと言いますので、受ける受けないについてはかかりつけの病院で相談するといいですね。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ