熱中症の予防に効果的なドリンクに含まれている成分一覧!

冷えた飲み物

熱中症の予防をするためには、普段から失われた水分の補給と失われたミネラルなどを、常に補給していかなくてはなりません。

また、できれば体温の上昇を防ぐような対策を、部屋にも施さなくてはなりません。

これはどういう事なのかを考えてみましょう。

熱中症は炎天下ではなくても発症します

実は多くの方は熱中症を炎天下の元で起こると思っていらっしゃるようですが、実際には曇っている涼しい日でも熱中症の患者数は変わらないのです。

むしろ曇っている日の方が死亡率が高いかもしれないとも言われているのです。

つまり熱中症というのは炎天下だから発症するのではないという事なのです。

その理由はどうしてなのかを説明していきましょう。

 

曇っている日は油断しやすい

曇っているからと油断しやすいのです。

熱中症は炎天下だから発症するのだという気持ちがあるため、曇っている日は大丈夫という思い込みがいけないのです。

日差しが無いし風が吹いているから涼しい。

そう考えてしまうため扇風機やクーラーをつけるのを忘れてしまうのです。

そんな事から熱中症を発症してしまう方もとても多いのです。

 

曇っている方が汗をかきやすい

曇っている時というのは晴れた時よりも、確かに猛烈な暑さを感じる事はないかもしれませんが、実は曇っている日というのは湿度がとても高いのです。

熱中症は暑さを感じた体が発汗し、汗が乾く時の気化熱で体温を下げようとする事で起こります。

ところが湿度が高いと汗が乾かないんです。

つまり気化熱で体温調節ができないため、熱中症になってしまう事になるのです。












熱中症の予防をするためのドリンクを飲む

熱中症を予防するためにはドリンクを飲んでこまめに失われた水分を補給していきます。

そうする事で熱中症の発症を予防する事ができるのです。

では具体的に熱中症を予防できるドリンクには、どのような成分が含まれているのでしょうか?

それを見て参考にしていただけると幸いです。

 

熱中症予防のドリンクに含まれている成分

熱中症の予防に良いと言われているドリンクには、失われてしまった水分の他に塩分やミネラルといった成分が多く含まれているのです。

特に、ナトリウムやカリウム、そしてカルシウムにイオンなども補給ができるようになっています。

当然重要なのはナトリウム、カリウムなどですが、イオン水である事が何よりも良いと言われています。

それを実現できるのがスポーツドリンクなのです。

スポーツドリンクはほとんどがアイソトニック飲料です。

これは通常の水分よりも浸透力が高いのでオススメなのです。

 

病院でもスポーツドリンクはイチオシ

いかがでしたか?

熱中症の予防をする時にはスポーツドリンクが適しているという事がご理解いただけたのではないでしょうか。

実はスポーツドリンクや熱中症予防に効果があると言われているドリンクは、病院でも熱中症予防としておすすめしています。

より浸透力の高いドリンクを飲んで、熱中症を予防れきるようにするといいですね。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ