頭痛が後頭部の左上・左下に!それぞれの原因は?疑われる病気とは?

頭痛

普段の生活の中で色々な体調不良がありますが、頭痛ほど始末が悪いものはないと思いませんか?

原因がはっきりとわからないのに痛みだけを感じるのは不安です。

特に左上や左下など特定の場所が痛いというのは不安をさらに感じてしまいますよね。

そこで左上や左下など後頭部の左側に集中する痛みの原因についてを探ってみました。

もしも病気だったとしたら、どんな病気が隠されているのかについても調べてみたのでご覧ください。

左上・左下の後頭部の頭痛の原因は?

まず頭痛は人によって痛いと感じる場所が違うものですよね?

例えば頭全体に痛みを感じる頭痛もありますし、どこか一か所に痛みを感じるという方もいるでしょう。

さらに左上・左下と左側に集中して痛みを感じるという方もいるはずですが、左側の後頭部に痛みを感じる頭痛の原因の多くは片頭痛だと言われています。

もちろん全ての原因が片頭痛であるという事ではありません!

もしも首などを冷やしてみて痛みが改善されれば片頭痛なので安心ができますが、そうではない場合は注意が必要です。

では具体的な病気の可能性をご覧ください。

 

脳腫瘍による頭痛の可能性

この病気は脳に腫瘍ができるという病気で、腫瘍が脳の神経を圧迫する事によって、様々な症状を引き起こすというのをご存知だと思います。

当然脳の中で腫瘍ができて大きくなるわけですから、頭痛を感じる事が多くなっていくと言われているのは事実です。

痛い場所は人によって違いますが、腫瘍ができた場所にもよるでしょう。

脳腫瘍による頭痛の特徴は、徐々に痛みが激しくなっていくという事で、最初はそれほど感じなかったのに、ひと月もすると激しい頭痛に変わっていきます。

さらに吐き気や嘔吐、意識障害が起こったり記憶障害が起こったりしますし、手足にしびれを感じたりする事も多くなるので、これらの症状が出た場合にはすぐに病院に行く事です。












くも膜下出血の可能性

くも膜下出血は若い人からお年寄りまでが発症する可能性のある脳の病気で、血管がとつぜん破裂して脳内出血を起こす病気です。

血管が破裂する1週間~3週間の間に激しい頭痛が続くと言われていて、人によっては左上・左下などの後頭部に痛みを感じると言われています。

もちろん脳腫瘍と同様に他にも症状が出てくるので、吐き気やめまいなどを同時に感じた場合には早めに病院を受診しましょう。

 

目の病気

視神経は目の奥にありますので、ちょうど後頭部に近いところが痛みを感じるようになると言われています。

つまり左側の目の視神経の病気になると、後頭部左側に痛みを激しく感じるようになる事が多いと言われているのです。

治療をする事は難しいと言われている理由は、原因の特定ができないので治療の方法がわからないというのが一般的です。

治療はどうするのかというと、入院して検査をするというのが一つと、ステロイドを処方されて様子を見るというのが唯一の方法だと言われています。

 

肩こりや首コリが原因

恐らくデスクワークをしている人の後頭部の左上・左下の痛みの原因はコレでしょう。

多くの方がデスクワークが原因で激しい頭痛を経験していると言いますが、大半は肩こりと首コリだと言われていて、マッサージやツボ刺激などをすると改善すると言われています。

また、普段から運動不足の場合にも頭痛を発症しやすいと言われていますので、毎日の生活に運動を取り入れてみるのもいい改善策になるでしょう。

いずれにしても頭痛の原因は自分でははっきりとはわかりませんので、1週間近く続くようであれば一度病院に行って検査を受けてみるといいでしょう。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ