おたふく風邪の症状、子供の場合は?熱が出ることもある?

おたふく風邪

子供の頃に誰もが経験した事がある感染症の一つがおたふく風邪でしたが、最近はおたふく風邪に感染する子供は少なくなったと言われています。

その理由はどうしてなのかというと、最近は小さな幼児の頃にワクチンを接種する事が常識になっているため、おたふく風邪に感染する子供の数が減ってきているからなのです。

ところでおたふく風邪になったらどのような症状が出てくるものなのかを、経験したり見たりしたお父さんお母さんも少なくなってきました。

なので今回は子供がおたふく風邪に感染してしまった場合の症状の中で、熱に関した症状が出るのかやどのくらいの熱が出るのかなどについてを調べてみました。

おたふく風邪について説明している動画を発見しましたので、載せておきます!

子供がおたふく風邪に感染したら熱は出るの?

おたふく風邪は「ムンプスウィルス」というウイルスが体内に入る事で感染し、たいていの場合は子供の頃に感染する事で免疫がつくと言われている病気です。

今から40年くらい前には子供たちが必ず感染する登竜門のように扱われた病気で、感染したとしてもお父さんもお母さんもそれほど大騒ぎする病気ではありませんでした。

一般的な症状としては感染する事によってほっぺが腫れて酷い痛みに苦しむという認識が強く、熱が症状として出るのかどうかについてはわからない方も多いようです。

ちなみにおたふく風邪に感染すると熱が出る事がありますが、ほほの痛みの方が強くて熱があっても比較的元気に活動する子供の方が多いようです。












熱が出たら高熱になるものなのか?

おたふく風邪で高熱が出るのは子供ではなく、子供が感染した事によって親に二次感染した時の方が多いようです。

実はおたふく風邪は子供の頃に感染すると、それほど強い症状が出る事はないと言われていて、不思議な事に子供は顔の腫れで済んでしまう事もあるのです。

ところが大人が感染すると高熱で苦しみ命にかかわる事や、重い後遺症が残る事もあるから怖いのです!

なので子供が感染して発症しても熱はそれほど心配する症状ではないでしょう。

おたふく風邪に感染したら家族(大人)に感染しないようにする事!

大人が感染すると症状が重症化するので、子供が万が一感染してしまったとしても、大人に感染しないように特に気を付けるようにします。

また、子供の場合は腫れも熱などの症状が出ないという場合もあるので、特に大人は気づかずに感染してしまう事もあるといいます。

保育園や幼稚園などに通う事も控えなくてはならない感染症なので、子供の様子がおかしいなと思ったら病院に連れていきましょう。

大人に感染すると非常に怖い病気でもありますし、子供でも腫れがいつまでも引かないとか痙攣をする、嘔吐をするといった症状が出た場合は、迷わずに救急車を呼んでもいいでしょう。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ