熱中症で頭痛や吐き気、嘔吐の症状が出たときは?

頭痛

 
毎日うだるような暑さを体験し続けている夏の間というのは、体調不良になってしまう事も多いです。

多少具合が悪くても「夏バテかな?」くらいにしか思わない事が多いですよね。

ですが本当に夏バテなのでしょうか?

多くの方が夏バテだと思っている事は、もしかしたら本当は熱中症なのかもしれません。

例えば吐き気嘔吐があった場合は要注意です。

熱中症になると辛い症状が襲う

熱中症の初期の症状というのはよく体調不良と変わらないと言われていますが、熱中症も中度以上になってくるとどんどん辛い症状になってくるものです。

例えば吐き気嘔吐などが起こってしまった場合は、もうすでに熱中症は中度以上になっていると考えられます。

と言っても中度というのがどの程度のものなのかがわからない事もあるでしょう。

まずは中度の熱中症についてを説明していきましょう。

 

中度の熱中症とは?

熱中症の度合いで言えばⅡ度と言われている状態で、頭痛や嘔吐、吐き気、下痢、倦怠感、失神、虚脱感などの症状が一時期に襲ってきます。

この頃になるとそれまで正常だった体温が急上昇していくのですが、なぜか皮膚は冷たいという不思議な症状の出方がします。

そしてこの状態を放置しておくと、あっという間に重度になってしまいますので、頭痛や吐き気そして嘔吐などの症状が重なった場合には、すぐに何らかの対策をしてください。

 

中度熱中症による症状の原因

初期の段階を過ぎて中度になってしまうと、熱中症の症状はどんどん進行していきます。

そして中度になると頭痛吐き気嘔吐といった症状が出てきます。

その症状が出る原因についてをわかりやすく説明いたしましょう。

 

中度の熱中症の頭痛の原因

熱中症を発症して中度になっても汗は出ていきます。

この時体内の水分がどんどん出ていってしまう事によって、血液の濃度が濃くなってしまう事になります。

そうすると血液が運んでいるはずの栄養素や酸素などが、脳に到達しにくくなってしまう事になります。

すると脳は酸欠状態になってしまうために頭痛などの症状が出てくるのです。












中度の熱中症の吐き気の原因

吐き気は通常は何かの中毒になってしまったりした時や、胃など内蔵の状態が悪い時などに出てくる症状ですが、熱中症でも吐き気を起こす事はよくあります。

中度になってくると身体の中にあるはずの水分が減ってしまい、血液の循環が悪くなってしまいます。

そのため体調不良として吐き気という症状が出てくると言われています。

 

熱中症の嘔吐の原因

嘔吐の原因も吐き気の原因と同じなのですが、血流が悪くなる事によって内蔵の働きが悪くなってしまう事で吐き気や嘔吐の症状が出てくるのです。

人間は脳や心臓といった重要な臓器を守るために、優先的にその場所へ血液を送ろうとします。

すると他の臓器への供給が間に合わない事もあるのです。

血管の急激な収縮によって内蔵がショックを起こし吐き気嘔吐につながるのです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

中度の熱中症になると、頭痛だけではなく吐き気や嘔吐まで起こしてしまう事がわかっていただけたのではないでしょうか。

初期では気づけなくてもこの段階になってくると、ほとんどの方が「おかしい」と気づけるはずです。

でもこの段階で何らかの処置をしなければ、あっという間に動けなくなります。

ここでもう一度中度の熱中症の症状をおさらいしましょう。

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 嘔吐

 

このような症状があらわれるので、早めに何らかの対策をしましょう。

放置すると重度になってしまいます。

そうならないためにも上記の症状が出たら水分を補給して、改善を試みてそれでも改善しない場合には病院へ行きましょう。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ