熱中症の子供の症状は?

太陽

 

最近は真夏じゃなくても気温が真夏並みになる事が多くなってきました。

この時期から気をつけなくてはならないのが熱中症です。

特に赤ちゃんや子供は大人よりも熱中症になりやすいので、体調の変化には十分に気をつけてあげたいところです。

また症状も重症化しやすいので症状を絶対に見逃さないようにしましょう。

熱中症の子供の症状

子供熱中症になった場合には具合が悪いという事を言えない事もあります。

なので、ご両親などご家族がしっかりと体調管理をしてあげてください。

もし熱中症にかかっていたら次のような症状が出てくるのでチェックしてみましょう。

 

  • 顔が暑い
  • 動きたがらない
  • 嘔吐
  • 痛いと言う
  • 尿が出ない
  • 身体が熱い

 

痛いと言いながら「お腹」や「頭」を示す事が多いのと、身体を触ると熱いのですぐにわかるはずです。

それと普段は元気に動きまわっている子供が動かなくなるのですぐに変化に気づくでしょう。

もしもこれらの症状が出ていたら、慌てずに次のような改善を試みてください。

 

もしも子供が熱中症になったら?

実は子供は大人よりも小さな身体をしているのに汗腺は同じだけあります。

大量に汗をかいてしまうので体温の調整が難しいものなのです。

この事から熱中症にかかりやすくなると言われているのです。

もしも熱中症症状が出てしまったらすぐに改善策を試みてください。

 

改善策は次の通りです。

  • 涼しいところへ連れていく
  • 体温を下げるために冷やす
  • 水分や塩分を補給する

 

いかがでしょうか。子供熱中症でも改善する方法は大人と同じです。

ですがひとつだけ注意しなくてはならない事があります。

もしも重症化していた場合にはすぐに病院へ搬送してください。

特に意識がなくて痙攣を起こしているようであれば、かまわず救急車を呼ぶようにしましょう。












まとめ

子供は大人よりも熱中症になりやすいという事がおわかりいただけたでしょうか。

子供熱中症の症状をもう一度おさらいしてみましょう。

 

子供熱中症になったら次のような症状が出てきます。

  • 顔が暑い
  • 動きたがらない
  • 嘔吐
  • 痛いと言う
  • 尿が出ない
  • 身体が熱い

 

もしも子供の様子が普段とは違っていたら次のような改善を試みます。

  • 涼しいところへ連れていく
  • 体温を下げるために冷やす
  • 水分や塩分を補給する

 

それでも回復ができずに苦しむようであれば、すぐに病院に連れていって診察を受けてください。

子供はまだ身体が小さいために体温の調節が上手にはできません。

それに元気いっぱい動きまわって遊びます。そのためどうしても熱中症になりやすくなるのです。

お外で遊ぶのはいいかもしれませんが、熱中症対策をしっかりとして様子を見ながら遊ばせてあげるといいですね。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ