花粉症の薬『アレロック』に副作用はある?飲み合わせで気をつけることは?

飲み薬

アレロックといったら花粉症の薬の中では、一番効果が強い薬として知られていますよね!

強い症状が出て悩んでいる人にとって、アレロックはとても頼れる存在なのではないでしょうか。

さて、このアレロックという花粉症の薬ですが、いったいどんな効果があってどのくらいの副作用があるのかを知りたいと思いませんか?

詳しくお話ししたいと思います。

アレロックってどんなお薬なの?

アレロックというのは第2世代抗ヒスタミン薬の一つで、効果の強さはピカイチという判定のお薬となっています。

飲めば必ずあっという間に花粉症の辛い症状が、どこかに吹き飛んでしまうというイメージのお薬だと思っても、間違いはないと言えるでしょう。

そんなアレロックは処方薬として出されているお薬でしたが、最近ではネット販売などでも購入する事ができますし、市販薬の中にも同じ成分を配合したものがあるので、そちらを購入してもいいでしょう。

 

アレロックと同じ成分を配合した市販薬

  • ザジテンAL
  • アルガード 抗アレルギーカプセル
  • パブロン鼻炎カプセルZ
  • ハイガード

もちろん他にも目薬などでも販売されていますので、薬局や薬剤師などに相談をしてから購入してみてもいいかもしれませんね。

それではアレロックの効果についてをお話ししていきたいと思います。












アレロックはどんな効果があるのか?

まず即効性がありますので、飲んですぐに効果を実感する事ができる薬です。

1日に2回飲む事で、効率よく花粉症の症状を鎮める事ができるお薬となっていますが、アトピー性皮膚炎などでも処方されているように、特にかゆみには効果を発揮してくれるようです。

くしゃみや鼻水、そしてじんましんなどを抑えるための治療をしている人にとっては、アレロックはかなり効果を実感する事ができるのではないでしょうか。

もちろん鼻づまりなどにも効率よく改善をしてくれるので、花粉症の時期にはぜひ手に入れたい薬の一つだと思われる方も多いでしょう。

ちょっと気になるのは、アレロックの副作用なのです!

副作用とその強さや頻度についてをお話ししましょう。

 

アレロックの副作用について

よくアレロックの事を調べると、副作用が強いというのを見かけると思うのですが、確かにアレロックは普通の第2世代抗ヒスタミン薬の中では、強い眠気を感じる方が多いと言います。

本来、第2世代抗ヒスタミン薬というのは、第1世代抗ヒスタミン薬の眠気を改善するために作られたものですが、アレロックとジルテックは強い眠気が気になる薬でもあるのです。

それと飲み合わせについても不安を抱えている方が多いようですが、そもそも薬というのは他の薬との飲み合わせの事を考えて処方されます。

なのでアレロックだけではなく、花粉症の薬を飲む時には他の薬と同時に飲むのは避けた方がいいでしょう。

どうしても必要であれば、病院でしっかりと説明を聞いてから飲むべきです。

 

アレロックの死亡例についての説明

不安に感じる方も多いかもしれませんが、実はアレロックは過去に2例ほど服用者に死亡者が出ている事がある薬です。

その原因はアレロックを飲んだ事による重大な副作用でもある、肝臓に異変が出た事が原因だと言われていて、死亡原因は劇症肝炎によるものだと言われています。

確かにその話は本当の事ですが、発症率は0.000015%という低さなので、不安であれば市販薬をいきなり飲むのではなく、しっかりと病院に行って処方してもらうといいですね。

いかがでしたか?

アレロックに対しての不安などが解消されたのであれば幸いです。

どんな薬でも飲み方によっては毒にも薬にもなるものです!

正しい用法容量を守って花粉症の辛い時期を乗り切れるように頑張りましょう。

最後に、注意すべき薬の飲み合わせについて解説している動画を発見したので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ