花粉症に『エバステル』は効く?効かない?飲み合わせで気をつけることは?

飲み薬

アレルギーの症状が酷いと辛いですよね。

それはじんましんでも何でもそうですが、花粉症の症状もひどいと辛くて体がだるくなってしまいます。

以前の市販薬は子供だましのような薬が多かったと感じる方もいるかもしれませんが、最近は処方薬が市販されているのでとてもありがたいですよね。

今回は市販薬として販売されるようになった『エバステル』というお薬についての特集をしてみたいと思います。

エバステルってどんな薬なの?

エバステルはアレルギー体質の方の症状を抑えるために作られた薬で、アレルギー物質が入ってきた時に、ヒスタミンが受容体にくっつくのを阻害する働きがあります。

花粉症の症状は、アレルギー物質が体内に入ってきた時に、ヒスタミンが受容体にくっついて、悪いものを体から排除しようとするために起こります。

鼻水で鼻の外に花粉を出そうとするのと、鼻づまりにして花粉が鼻から入ってこないようにするのと、花粉を外に出すためにくしゃみをさせようとするわけです。

これらの症状を素早く鎮めてくれるのが、このエバステルというアレルギーのお薬なわけです。

 

エバステルの効果について知りたい

このお薬を処方される人の多くは、花粉症なのかもしれませんけれども、他にもじんましんが出る体質の人のために処方される事もあります。

外からの何らかの刺激に敏感に反応してしまう体質の方が飲むと、刺激する物質や衝撃などに対してのアレルギー反応を抑える事ができるので、普通に生活ができるようになるわけです。

例えば実際に処方していただいていたので簡単に説明すると、衝撃が皮膚などに加わると、その部分がたちまち腫れてしまうという体質なので処方されました。

処方される前は、歩く事で床と足の裏が接触するだけで、足の裏がふくらんでくるという症状で困っていましたが、エバステルを飲んでからは全くそれがなくなりました。

しかも飲んですぐに効果が出てくれるので、衝撃に弱い私としてはすごくありがたいお薬なのです!

しかも1年を通して飲まないといけないので、副作用が少ないこの薬はとても助かります。

このように、エバステルは他の薬とはちょっと違った体質の方にもよく処方されているお薬で、効果はかなり高いと言えるのではないでしょうか。












エバステルの副作用について

エバステルを実際に飲んでいたので体験談になりますが、エバステルを飲む事によって何か症状が出たのかというと、個人的には全く副作用を感じる事はありませんでした。

ただしそれは花粉症ではなく、強いアレルギーと戦っていたために、副作用を感じなかったのかもしれません!

なので他の方の副作用の報告に注目してみました。

すると、確かに多少眠気を感じると答えた方もいるようですが、第2世代抗ヒスタミン薬という事もあってか、副作用は少ない方であるという印象を受けます。

もちろん稀に肝機能障害やショックなどを引き起こす事もあるようですが、きわめて稀であるという事なので、あまり心配はいらないかもしれません。

当然ですが、市販薬があるとはいっても病院で相談をしてから処方してもらう、もしくは市販薬を買うなどをするといいでしょう。

 

エバステルは中の中の効き目で即効性と効き目を実感できます

アレルギーの薬はかなり強い>強い>弱いとありますが、エバステルはアレジオンやタリオンと並んで、中の中くらいの効き目です。

普通かい? と思われるかもしれませんが、そんな事はありません!

アレルギーの薬の中では強い方だと言えるのではないでしょうか。

当然ですが、このアレルギー薬でも効き目を実感できない、という方もいらっしゃるはずです!

そんな方は重度のアレルギーの可能性があるので、必ず病院に行ってアレルギー検査を受けてください。

そして本当に自分に合った薬を処方してもらうようにしましょう。

最後に、注意すべき薬の飲み合わせについて解説している動画を発見したので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ