熱中症対策飲料の仕組みを紹介!

頭痛

暑い時期に熱中症患者が急増していますね。

毎年たくさんの方が熱中症によって入院をしたり、ひどい方は命を失ってしまう事もあるのです。

今回は熱中症対策に良いと言われている飲料の仕組みなどについてをご紹介いたします。

熱中症はどうして起こるのか?

熱中症は外気が暑いために、体温を調節しようとして発汗したのが原因で起こります。

大量の汗を出す事により、外気に触れる事で体温を下げようとしても、外気の方が暑かったりすると体温を下げることができず、発汗をどんどんしてしまうようになります。

この時、私たち人間の体内では急激に水分が失われてしまうため、血液の濃度が上がり血流障害が起こるようになってしまいます。

すると酸素や必要な栄養素が身体を巡れないので、臓器の働きが悪くなってしまうのです。

すると内蔵はうまく動く事ができなくなり、多臓器不全になってしまうため、頭痛などの症状が出てきてしまうのです。

 

水分の補給をすればOK?

水分が汗として出てしまったから頭痛が起こったのならば、水分を補給してあげれば問題は解決すると思うかもしれませんが、そう簡単なしくみで改善する事は難しいのです。

汗の事をよく思い出してください。汗は確かに水分ではありますが単なる水ではありませんよね。汗が目に入ったら目に染みます。

これは汗の中に目に入ったらしみる成分が含まれているからです。

ここで汗の成分についてを勉強してみましょう。

 

汗の成分とは?

汗の成分は水分そして塩分、タンパク質、そして乳酸などが含まれており、体調によってはアンモニアなど体内のミネラルなども一緒に出ていってしまいます。

通常は汗は体温調節をする時に出るもので、気温の変化や緊張によって大脳が刺激を受けると出てくる仕組みになっています。












汗と一緒に出たものも必要!

汗と一緒に流れ出てしまった成分も一緒に補給する必要があるという事になるのですね。

ですから水分の補給と塩分、そしてミネラルも同時に飲みましょう。

必要なものが補給されたら頭痛などの症状もおさまってきます。

つまりそれが熱中症の症状の改善の仕組みなのです。

もちろん熱中症になってしまったら、それだけではなく発汗をしないためにも、頭痛や吐き気といった症状が出たら、まずは涼しいところへ移動させましょう。

それから水分の補給と塩分やミネラルの補給をすればいいのです。

 

熱中症対策飲料の仕組み

一般的に熱中症の対策ができる飲料は、どうして熱中症に効果があるのか仕組みをお話しましょう。

熱中症対策飲料は失われた水分の他に、塩分やクエン酸など体内に必要な成分を配合してある飲み物なのです。

こうした成分の飲料は体内に入ると効率よく体に吸収されていきます。

だから熱中症の予防や対策にピッタリなのです。

 

まとめ

熱中症で頭痛がする時は実はすでに中度まで進行している状態ですので、もしも暑さのせいで頭痛や吐き気を感じたら、できるだけ早く涼しい場所へ行きましょう。

そして塩分やミネラルの入った熱中症対策の飲料を飲む事をオススメいたします。

それでも具合が改善しない場合には病院に行きましょう。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ