喉風邪は耳鼻咽喉科?内科?どっちに行けばいい?

喉風邪

皆さん風邪といったら真冬にひくものだと思っていませんか?

実は風邪というのは季節を問わずひいてしまうものなのです。

特に喉風邪というのはクーラーを効かせている室内でもひいてしまう事が多く、夏なのに風邪をひいてしまって「やっちゃった」と思った経験をされた方も多いのではないでしょうか。

ところで一般的に風邪をひいてしまったら内科などに行くものだと思うのですが、喉風邪の場合は内科に行けばいいのかそれとも耳鼻咽喉科に行けばいいのか悩みますね。

一体どちらに行けばいいのかを調べてみましょう。

喉風邪は内科?耳鼻咽喉科?

喉風邪の主な症状を考えてみますと、喉が痛いというのが一番の症状ですよね?

朝起きて何となく喉がおかしいと思ったら風邪だった。

そんな経験をされた方も多いのではないでしょうか。

内科に行くのもいいのかもしれませんが、でもよく考えてみてください!

喉が痛くてつばを飲み込む事だって痛いのです。

内科よりもむしろ耳鼻咽喉科の方が専門だと考えるのが普通ですよね。

そこで色々と調べてみましたが、喉風邪の場合は耳鼻咽喉科でも内科でもどちらでもかまわないというのが病院関係者の意見なのだそうです。

提案としてはかかりつけの医師に相談をするのが最適な方法かもしれませんね。

 

症状で病院を決めるのもいい!

例えば喉風邪の中には喉の傷みだけではなく、鼻水や鼻づまりがひどいという場合もありますよね?

そういう場合、ひどくなってしまうと耳にくることもあります。

そうなってしまったら当然ですが内科よりも耳鼻咽喉科に行った方がより最適な治療を受ける事ができるという事になります。

それはどうしてなのかというと、炎症が起こっている場所が人によって違うからです。












喉、鼻、耳に症状が出る場合

喉に風邪のウィルスがついて炎症などを起こしているから喉が痛いという症状が強く出るので、耳鼻咽喉科に行った方が適切な処置を受ける事ができるでしょう。

鼻に症状が強く出た場合も同じで、鼻で炎症を起こしており放置しておくと副鼻腔炎が気になりますよね。

ちなみに副鼻腔炎は通常は風邪が治ると自然に治るものだと言われていますが、中には治らず慢性的な副鼻腔炎になってしまう事もあるようです。

耳の痛みなどを感じた場合には中耳炎などの症状になっている可能性もあるので、耳鼻科の方がより適切な治療を受ける事ができます。

 

咳、熱に症状が出た場合

熱や咳が出る症状の場合には、迷わず内科へ行って大丈夫です。

ですが、喉風邪の場合は喉にも症状が出てますので、耳鼻咽喉科の方が確実な治療と、薬を処方して頂けるのではないでしょうか。

ちなみにより適切な科に行く事が望ましいというのにもちゃんとに理由があります。

 

適切な病院に行く方が良い理由

実際に体験した話ですが、喉風邪をひいてしまったのを簡単に考えて放置してしまったところ、どんどん悪化してしまったのです。

ひどくなってしまったので仕方なく病院へ、すると熱さましとトローチなどを処方していただきましたが全く効果がありませんでした。

2日後熱が下がらず今度は別の病院に行ったのですが、ここでも適切な治療を受ける事なく同じような薬をいただいて帰宅。

その3日後総合病院に2週間も入院したという経験を実際にした人がいるのです。

単なる喉風邪だからといっても馬鹿にはできませんので、できるだけ症状に合った病院を探して受診する事が早期改善への近道なのです。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ