花粉症の症状に風邪薬は効く?効かない?

飲み薬

春先になってくると、アレルギー体質の方は花粉症の症状が嫌だなと思っているはずですよね?

ところで花粉症の症状って風邪の症状に似ていませんか?

今回はその謎にせまってみます。

花粉症か風邪なのか迷った時どうする?

まずはこの時期だからこその問題点を考えてみましょう!

春先ですがこの時期というのはとても微妙な時期ですよね?

花粉症なのか風邪なのかの判断が難しい時期でもあるんです。

例えば花粉症だと思って花粉症の薬を飲んだら全く効果が実感できなかった! などというのもこれに該当します。

つまり春先は風邪なのか花粉症なのかをうまく見極める必要があるという事になるのです!

そのためには病院に行く事も必要でしょう。

喉が痛いか痛くないかや熱があるかないかでも判断できる場合がありますので、喉の腫れや熱を測るなどをしてみるのもいいですね。

 

風邪と花粉症の違いをしっかりと見極める

重要なのは花粉症の症状なのか風邪の症状なのかをしっかりと見極める事です。

例えば花粉症では咳はでませんよね?

くしゃみや鼻水といった花粉症の症状の他に、咳やのどの痛みなどがあるかどうか、自覚できる範囲で比べてみましょう。

自分で判断ができないという場合には、病院で検査を受けてみても大丈夫でしょう!

血液検査などを受ければ簡単にわかるはずです。

もしも風邪だった場合には風邪薬を処方していただけばいいのですから簡単ですね。












花粉症の症状は風邪薬でも改善できるもの?

ここで思うのは、花粉症の症状を風邪薬で改善する事ができるのかどうかという事ではないでしょうか?

その答えはYesです。

実は花粉症の鼻水や鼻づまりといった症状は、風邪薬でも改善する事はできると言われていますので、間違って花粉症の人が風邪薬を飲んでも問題はなさそうです。

ですが、風邪薬を飲み続ける事はあまり良い事ではありませんので、できるだけ早く薬を花粉症の薬に切り替えるべきでしょう。

 

風邪薬と花粉症の薬では絶対に飲み合わせはダメです

風邪薬でも花粉症の鼻づまりなどの症状は改善する事がわかりましたが、注意してほしいのは花粉症の薬を飲みながら、風邪薬を飲もうとしない事です。

簡単に言えば風邪薬と花粉症の薬は同時には飲めないという事です!

その理由はとても簡単で、一緒に飲むと毒になる成分があるからなのです。

例えば抗ヒスタミン薬と熱さましなどの薬を飲み合わせると、ひどい頭痛を起こしてしまう事があります! 脳へのダメージも考えられるので絶対に同時に飲んではいけません。

万が一、花粉症で辛い症状が起こっている時期に風邪をひいてしまった場合には、風邪薬の方を優先にして風邪を治してから花粉症の薬へとスイッチしましょう。

また、花粉症で辛いのであれば病院で診察を受けて、専門的な薬を処方してもらうといいでしょう!

そこで風邪薬も処方していただければいいわけです。

最後に、薬の飲み合わせについて説明している動画を発見したので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ