二日酔いで頭痛が!治し方を紹介!つぼを押すと効果がある!?

頭痛

誰もが経験した事がある「二日酔い」ですが、お酒を飲みすぎた翌日に襲ってくるあの嫌な症状はできるだけ早く治したいものですね。

そこで今回は二日酔がどうして起こるのか?その二日酔いの症状をどのようにして治すのか?などを簡単に説明したいと思います。

二日酔はどうして起こる?その原理は?

おいしいお酒を飲んだ翌日などに、激しい吐き気や嘔吐に頭痛などを引き起こしますが、同じ量のお酒を飲んでも二日酔いにならない人もいますよね。

実は二日酔いというのはなる人とならない人がいて、その差は肝臓の働きの違いだと言われているのです。

二日酔いは、アルコールの中に含まれている「アセトアルデヒド」が起こしていると言われていて、これを分解するのが肝臓だというわけです。

肝臓の働きは人によって違う事があり、生まれつきアセトアルデヒドの分解が早い人と、遅い人で二日酔いになるかならないかが決まると言われているのです。

つまり二日酔いになる人はアセトアルデヒドを分解する能力が弱いという事になります。

 

二日酔いの頭痛をどうやって治すのか?

簡単な治し方は体内にあるアセトアルデヒドを分解してしまう事なのですが、それがうまくいかないから頭痛などの症状になっているわけです。

そこで肝臓の働きを助けて早く二日酔いを治してしまえば頭痛などの辛い症状も治っていくという事になるわけです。

どうすればいいのかというと、多くの医師が言う二日酔いの治療方法が「水分補給」です。

実は二日酔いになるとアルコールを分解するために脱水症状に陥ると言われているので、それを改善するために水分を補給すればアルコールの分解の助けになるというわけです。












危険な治し方はお風呂に入る・サウナに入る

二日酔いの経験がある人の多くは「お風呂に入る」「サウナに入る」と言いますが、その方法は試さない方がいいでしょう。

なぜかはわかりますよね?

二日酔いの頭痛を治す治し方は水分補給だからで、脱水症状を起こすお風呂やサウナは余計に二日酔いの症状をひどくするだけだからです。

そしてもう一つは体をあまり温めたりしない事です!

体を温めるとより頭痛が激しくなると言われているからです。

 

二日酔いの頭痛の改善につぼは効くのか?

二日酔いの頭痛の原因は脱水症状です。

脱水症状を改善する事によって頭痛は治っていくので、できる事ならつぼを刺激する事よりも、水分補給をした方が賢明でしょう。

ただしどちらかというと片頭痛に効果があるつぼを押す事で、多少の改善はできるのではないでしょうか。

一番お勧めのつぼは手のひらにあるつぼで、手のひらの中央から若干下にあります。

ちょうど生命線と感情線の間付近にあるつぼで、これらのつぼをかるくさする、または軽く押すだけで効果があると言われています。

 

二日酔いになるのは遺伝である事が多い

最後に、二日酔いになる原因の肝臓のアルコール分解能力は、遺伝的要素が強いと言われていますので、家族の中にお酒に弱い人がいる場合は注意しましょう。

飲んでも問題はないかもしれませんが、あまり大量に飲むと二日酔いになってしまうので、なるべくなら適量を飲むように心掛けておくといいでしょう。

最後に、二日酔いによる頭痛を解消できるツボを紹介している動画を発見したので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ