熱中症で頭痛と寒気の症状が出たときは?

頭痛

 

熱中症の症状はとても酷く、本気で生命に危険を感じてしまう程つらい事が多々あります。

そのためか、一度でも熱中症になった事がある方は、もう二度とかかりたくないと心に誓う事も多いのだとか。

ところで皆さんは熱中症の症状というと、どのようなものを想像されるでしょうか?

今回は熱中症で『頭痛』『寒気』という症状についてをお話したいと思います。

激しい頭痛は熱中症の可能性がある?

熱中症になると激しい頭痛を経験したという方が非常に多いようです。

熱中症の特徴的な症状の一つがこの『頭痛』なのです。

熱中症の頭痛のメカニズムは、普通の頭痛とは違い、体内の水分が少なくなる事で血流障害が起こり、さまざまな臓器不全を引き起こす過程で発症する症状です。

もしもエアコンなどを使っていない部屋にいて、激しい頭痛を感じたら熱中症の可能性があるので、早めに水分補給をしたり室温を下げるなどの対処をしなくてはならないのです。

 

熱中症で頭痛の症状が出たら?

熱中症による頭痛の症状が起こったら、できるだけすぐに部屋の温度を下げましょう。

そして用意があるのなら氷などを使って両脇や足の内側の付け根などの大きな血管を冷やします。

首の後ろに氷のうなどを当てるのも効果的です。

さらに水分補給をするために「熱中症対策水」「スポーツドリンク」などを飲んで様子をみましょう。

これで改善すれば危険な状態は脱出できた事になります。

ただしそれでも改善がみられない時には、迷わず救急車を呼び病院へ搬送してください。

 

熱中症は暑いのに寒気が襲う?

熱中症の症状の一つに寒気というものもあります。

これも経験者でなくては想像ができない事かもしれませんが、汗がだらだらと出てくるほど暑いのに、どうしても寒くて仕方がないのです。

この時、寒気がするからと布団などで温まったりしてはいけません。

熱中症の寒気というのは体温調節の機能が壊れてしまっている状態のために起こる症状で、本当は寒くてもどんどん体温を下げなくてはならないのです。

ですから本人は寒いと言うかもしれませんが、できるだけ涼しいところへ連れていって体温を下げる努力をしましょう。

放置すると生命の危険になる事もある恐ろしい症状なのです。












寒気が起きた時はどうすればいいの?

もしも寒気が一向に収まらないとしても、涼しい部屋でたっぷりと水分を補給してみましょう。

身体は水分を補給する事によって回復していきます。

この時激しい頭痛も寒気も少しずつ改善していく事になるのです。

くれぐれも毛布などを使って身体を温めたりしない事が重要なポイントです。

 

水分は一気に飲んでは危険です

熱中症を発症したら、とにかく体温を下げて水分補給をしなくてはならないという事ばかりが頭をよぎります。

ですがここで一つ注意しなくてはならない事があります。

それは水分補給をする時のスピードです。

実は水分が失われたのだからたくさん水分を補給したくなりますが、急激に水を飲むと吸収しきれずにショックを引き起こす事があるのです。

ですから最初の段階では氷を口に含んで水分を補給するといいですね。

また、脱水症状になってしまったら水ではなくスポーツドリンクを少しずつ補給する事をお勧めします。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

熱中症を発症したら、頭痛だけではなく寒気などの症状が出る事がある事がおわかりいただけたのではないかと思います。

どちらの症状も中度以上になってくると感じる症状で、放置すると死に至る事もあるので要注意の症状なのです。

それを早く改善させるためには体温を下げる事。

そのためには室内の温度を下げるべく、エアコンを使ってこまめに調節する事や、水分補給は一気にしてはいけない事も重要です。

おかしいなと思ったら、次の事をしっかりとして改善を心がけてください。

 

  • クーラーをつける
  • 水分を補給する
  • 身体を冷やす
  • 水分は急激に補給しない

 

たったこれだけの事をすればいいだけです。

ただしそれでも体調が良くならない時には、すみやかに病院に行くことをお勧めいたします。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ