子供の熱が上がったり下がったり!鼻水も…病気や原因は?対処法も紹介!

子供の熱が上がったり下がったり!鼻水も…病気や原因は?対処法も紹介!

自分の子供に限って重い症状の病気などになるはずがないと思っているかもしれませんが、熱が上がったり下がったりすると不安になります。

今回は子供の熱が上がったり下がったりする病気で、鼻水が出る病気についての情報と、対処法などについてもご紹介したいと思います。

風邪に似た症状の病気は意外と多い!

ご存知ないかもしれませんが、子供の病気で鼻水が出て熱が上がったり下がったりする病気はたくさんあるものなのです。

どのくらいあるのかを、簡単に説明していきましょう!

 

その1:インフルエンザ

インフルエンザのウイルスが入り込むと風邪に似た症状が出てきますが、高熱が出るだけではなく熱が上がったり下がったりする事もとても多いです。

さらに咳が激しく出たりする事もありますし、鼻水が止まらないなんていう事も起こります。

インフルエンザに感染してしまった場合に困るのは、病院に行って薬を処方していただいても、ウイルスが外に出てしまわなければ症状が治まらないという事です。

タミフルなどを処方してもらえますが、恐怖心からか飲ませない方も多いですので、余計に治りが遅く感じてしまうものなのかもしれません。

熱が上がったり下がったりした時のためにも、水分の補給をしっかりとしてあげる事や、バランスが良くて栄養価の高い食事を作ってあげるのもいいですね。

高熱により汗をかく事が多いので、着替えと水分補給はしっかりとしてあげる必要があるでしょう












その2:はしか

意外な事に、はしかにかかった子供というのは、高熱も出しますが熱が上がったり下がったりもしますよね。

はしかは大人も感染してしまう感染力の強い病気ですので、子供の頃に感染したという方も一応は予防接種を受けた方がいいかもしれません。

経験がありますが、子供の看病をしていて大人が感染すると、相当ひどい症状で苦しむ事になります!

子供の場合は高熱が上がったり下がったりしたり、鼻水が出たり発疹が出たりするだけで、それほど苦しまずに治ってしまいます。

はしかの可能性を医師に伝えて、治療薬を処方していただくといいでしょう。

また、熱に水分を奪われてしまうので水分補給をしっかりとする必要があるのと、汗で体が冷えないように着替えも頻繁にしてあげましょう。

 

その3:細菌性肺炎

最近、子供がマイコプラズマ肺炎に感染するというニュースが増えたように、子供がマイコプラズマ肺炎に感染すると、やはり風邪に似た症状が出てきます。

鼻水が出るのももちろんですが、何よりもひどい症状があるとすれば、それは止まらない咳ですよね。

大人でも感染するとひどい症状で苦しいのに、子供は大人よりももっと苦しんでいるはずですので、できるだけ早めに病院に連れていく必要があります。

病院ではマイコプラズマ肺炎だと診断された場合には、入院治療を行う事もあるかもしれません。

熱が上がったり下がったり鼻水も大変だとは思いますが、何よりも怖いのは喘息との合併症を引き起こす事です。

乾いた連続する咳をするようであれば、なるべく早めに病院に行って受診する事をおすすめいたします。

 

さいごに

子供の熱が上がったり下がったりする事は仕方がない事です。

大人よりも抵抗力も低いですし、免疫力も少ないものですので、子供の異変に気づいたらできるだけ早く病院を受診するようにしましょう。

放置していてもしもの事があったら取り返しがつかない事になってしまいます。

我が子を守れるのはお父さんとお母さんだけですので、いつも子供の事を気にかけてあげていただきたいですね。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ