春になれば疲れる 疲れはそのまま放置してて大丈夫?

春になれば兎に角身体がだるいと思っている人たちがとても増えるようです。寝れば疲れが取れると思っているものの寝てもなかなか疲れは解消出来なかったりします。

身体が疲れる原因

 
まずは対処法を考える前に 疲れの原因を究明しなければなりません。とはいうものの、疲れる原因にはいろいろあって正直に言えばとても判りづらかったりします。睡眠の質が悪いというのも疲れる原因のひとつです。

睡眠の質が悪い

 
しっかり睡眠時間をとったとしても疲れている人たちが多くいます。原因として体内時計のズレを考えることが出来ます。

ほとんど時差ボケと考えて良いでしょう。最近ではあくびが止まらないという人たちも多くいます。このような人たちにとって大事な対処法は早朝に朝日を浴びる ことです。早朝に朝日を浴びることが出来ないような生活スタイルはできれば今日から改善しましょう。

早朝に朝日を浴びて、 毎日同じ時間に食事する モチベーションが大事です。

そして寝ればいいということではなく、 寝すぎによって体内時計のズレが起こるかもしれません。

睡眠中身体が固まっている

睡眠中に筋肉がこわばって 緊張してしまっていることがあるかもしれません。すると血行が悪くなって疲れがなかなか取ることが出来ません。

そのような人たちは兎に角リラックスする姿勢が大事です。マッサージや、ストレッチなど取り入れた生活をして、お風呂はぬる目の40℃を意識して、 ゆったりとした音楽を聴く習慣を身に付けてみてはいかがでしょうか。












なかなか疲労が解消出来ない

なかなか疲労が解消出来ない場合、病気かもということも頭に入れる必要があります。そのようなとき、早めに病院で受診 することが大事なポイントです。ここでは疲れが取れない代表的な病気を紹介しましょう。

甲状腺の病気かも

 
それは甲状腺の病気かもしれません。甲状腺の病気ではホルモンの分泌をつかさどる機能に対して異常が生じ、体がこわばる・首が腫れて見えるといった症状も甲状腺の病気で同時にあらわれる場合があります。

ココロの病

 そして ココロの病
を抱えている人たちがなかなか疲れが取れない症状に悩まされています。ココロの病とはうつ病や適応障害
などのことです。

うつ病の初期には、午前中に猛烈なだるさがあると言います。やる気が起きないのは怠け病とも思われてしまうかもしれませんが、列記とした病気として理解をし心療内科などの心の専門医で受診するようにしてください。

糖尿病

 
更に疲れが取れない場合 糖尿病の可能性もあります。「トイレの回数が多い」「のどが頻繁に渇く」「なんだか痩せてきた」という症状が同時に起こる場合があります。 このときも怪しいと思えばすぐにに医療機関で受診をしてください。

睡眠時無呼吸症候群

更に 睡眠時無呼吸症候群の可能性もあります。睡眠時無呼吸症候群が起こるからなかなか良い睡眠を確保することが出来ないのです。

風邪の引きはじめ

 
更に風邪の引きはじめというケースもあります。そのような症状の人たちはちょっと歩いただけでも疲れるということがあります。風邪にならない強い身体を作るために 免疫力をアップするよう心掛けてください。

いかがでしょうか。実際にあなたがストレスを一杯抱えてしまった場合にも疲れは起こり、運動不足でも起こります。特に 冬から春は気温差が大きいため自律神経が乱れます。

そして夏が来れば夏バテによって猛烈な疲れが襲ってくるかもしれません。 スマートフォンによる目の疲れからもそれが起こるかもしれません。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ