ロタウイルスに大人(成人)が!?下痢や胃痛の症状が出たらどうすれば?

ウイルス

ロタウイルスに大人(成人)が感染してしまった場合、乳幼児の感染者と同じように特徴的な症状が出てきます。

大人(成人)といっても抵抗力や免疫力が下がっている状態で感染すると、重症化してしまう事もあるので注意しなくてはならない感染症です。

ロタウイルスの代表的な症状について

ロタウイルスに感染するとさまざまな症状が出てくるものですが、数ある症状の中で「胃痛」「下痢」という症状は代表的なものです。

これは乳幼児でも大人でも同じで、これらの症状が出たからといって重症になるといった事ではありません。

ではロタウイルスに感染すると、どうして胃痛や下痢などの症状が出てくるのかの、具体的な原因をご紹介いたします。

 

ロタウイルスの症状が出る原因は?

ロタウイルスで下痢や胃痛といった症状が出るのは、胃腸などにロタウイルスが入り込んで増殖をしているからだと言われていますね。

ご存知ない方の方が多いかもしれませんが、ロタウイルスのウイルスはとても小さいので、排泄した便に入り込んでいる細菌の数がとても多いのだそうです。

その数はあのノロウイルスのウイルスの数の比ではないほど出るのだというから驚きではありませんか!

そのため、ウイルスが増殖した胃腸では、痛みや下痢といった症状が出てくるのでしょう。

胃痛の原因は胃の粘膜が荒れてしまう事も原因の一つで、下痢も体内から早くウイルスを排除しようとするために起こる症状だという事はご存知ですよね。












ロタウイルスの最初の症状が嘔吐です

大人でも子供でもロタウイルスに感染すると、最初の症状が嘔吐から始まる事が多いのだそうです。

すると、その嘔吐したものを片付けなくてはならないので、触れる事になるわけですが、これが感染の第一歩だと言われています。

そのため、もしも感染してしまった場合、なるべく嘔吐したら周囲をしっかりと自分でキレイにして、除菌をする事をおすすめします。

下痢については嘔吐が始まってからすぐに続いて始まるものなので、トイレから出たらしっかりと便座をキレイに消毒したり、手を徹底的に洗うなどをします。

お風呂に入る時にはシャワーを浴びるなどをして、他の家族への感染をできるだけ防ぐようにしましょう。

 

胃痛や下痢の時に注意する事は?

胃痛の場合は粘膜の荒れが原因である事もありますので、病院などへいって胃腸を整えるためのお薬を処方していただくといいかもしれません。

また、下痢に関しては水分補給をこまめにするようにして、脱水症状を防ぐようにした方がいいですね。

下痢だけではなく嘔吐もあるので、一気に飲むのではなく、吐き気が起こらない程度を少しずつ飲むようにしたほうがいいですね。

念のために病院に行くことも必要かもしれません!

整腸剤や漢方薬などの薬などを処方していただける事もあります。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ