花粉症の薬『タリオン』に副作用はある?

飲み薬

タリオンという薬は有名なアレルギーのお薬で、毎年この時期になると病院で処方してもらう人が後を絶ちませんよね。

花粉症で悩んでいる方の中には、今現在飲んでいる薬では効果を実感できずに、辛い思いをしているという方もいらっしゃる事でしょう。

そんな方々にとって、他のアレルギーの薬というのはとても興味が出てしまうものです!

そこで今回はタリオンという薬の副作用についてをお話ししたいと思います。

アレルギーの薬『タリオン』とはどんな薬なのか?

タリオンは日本で開発した初めての第2世代抗ヒスタミン薬で、花粉症などのアレルギーに対して、素早い効果を実感できるとして登場しました。

現在ではこのタリオンを使われている方もとても多いはずですが、このタリオンという薬はどんな薬で、どんな副作用がある薬なのかが気になりますよね。

簡単に説明いたしますと、タリオンというのは第2世代抗ヒスタミン薬といって、アレルギー物質が体内に入り込んだ事による、ヒスタミンの増加を抑制する働きがあります。

第2世代抗ヒスタミンというのは、第1世代抗ヒスタミン薬の良い部分を引き継ぎ、悪い部分である眠気を極力カットした新しいアレルギー抑制のための薬です。

タリオンもその仲間として登場したというわけですね。

 

タリオンという薬の特徴について

まず、医学的にというか薬学的な説明を簡単にすると、タリオンという薬は効き目がとても早く出る事で知られている薬です。

薬を服用して1~2時間で効果がピークに達すると言われているので、アレルギーの薬としてはかなり効き目が早く出る薬だと言えるでしょう。

そして食後に飲むとか食前に飲むといった制限を受けないので、気づいたら飲むという形で飲んでも害はありません! とても便利な薬ですね。

例えば、タリオンを飲みながら別の薬を飲んだ場合ですが、薬の飲み合わせによる代謝の変化がないので、他の薬との併用も特に問題がありません。

問題なのが脳への影響ですが、タリオンは脳への作用が少ないので『眠気』を感じにくい薬だと言われているのですね。

最後に、個体差もとても少ないので飲んだほとんどの人が効果を実感し、満足度が非常に高いというのもタリオンの特徴だと言えるでしょう。












タリオンは万能薬なのか? 副作用はないのか?

ここまでの説明を見ると、たぶんですが「すごい良い薬!」と感じるはずですが、副作用が本当に無いのでしょうか? それはやっぱり疑問です。

そこで副作用についてを細かく調べてみると、タリオンを服用した方の中には、確かに副作用だろうと思われる症状を訴えた方がいらっしゃいました。

それをピックアップしてみると次のようになりました。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 眠気
  • 胃痛
  • 胃の不快感
  • 下痢
  • 倦怠感
  • 口渇

いかがでしょうか?

これだけの副作用の症例があると「え? ダメなのでは?」と思われるかもしれませんが、これらの副作用を訴えた方は使っている方のほんの数%の方々です。

つまり使用者全体の中では本当に副作用を感じた人は少ないというわけですね。

だからタリオンは副作用が少なくて、誰でも効果を実感する事ができるアレルギーの薬という事になるのですが、もちろんタリオンが万全という事にはなりません。

効果についてを調べてみると、アレルギーの薬全体の中で、タリオンは「アレジオン」と「エバステル」と同じ効果と副作用の少なさとなっているのです。

 

つまり薬の効き目としてはこうなります!

効果 = アレロック・ジルテック・ザイザル>タリオン・エバステル・アレジオン>アレグラ・クラリチン

眠気(副作用) = アレロック・ジルテック>ザイザル・タリオン・エバステル・アレジオン>アレグラ・クラリチン

 

結果! タリオンは中の中という位置づけ!

いかがだったでしょうか?

今後タリオンの使用を考えている方の疑問を解消する事ができたでしょうか?

今回の調べではタリオンは次のような位置づけになります。

タリオンは花粉症の薬としては中の中という位置づけです!

それでも眠くなりにくく効果を実感できる薬なので、医師に相談をされてみてもいいのではないでしょうか。

最後に、注意すべき薬の飲み合わせについて解説している動画を発見したので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ