熱中症の予防には水分補給が重要!

冷えた飲み物

熱中症は気温が高ければ季節関係なく発症してしまいます。

特に小さな子供や抵抗力の弱いお年寄りは、発症してしまわないように気をつけなくてはなりません。

今回は、熱中症の予防をするためにはどのような事に気をつければいいのかという事と、水分の関係についてのお話をしていきたいと思います。

熱中症は脱水症状から始まります

熱中症というとどうしても、体が熱いというイメージがありませんか?

ですが本当の熱中症の原因は、脱水症状だったりするのです。

気温が暑いと体温も一緒に上昇していきます。すると当然汗をかく事になるわけです。

普通だったら汗が出るのは良い事なのですが、気温が高いと汗をかいても体温は下がりません。

するとどんどん汗を出して体温を下げようとするために、体が動かなくなってしまうというわけなのです。

血液濃度が高くなるとドロドロの血液になってしまいますよね。

そうなると、血液の循環がスムーズにいかずにどんどん体力を奪ってしまい、最終的には命の危険にもつながるわけです。

そこで水分補給をするわけです。

 

水分補給のやり方

熱中症の予防に水分補給をする事が望ましい事はわかりましたね。

では熱中症にならないようにするための水分補給のやり方を説明していきましょう。

熱中症の症状が全く出ていない場合には、冷たいスポーツドリンクなどをこまめに飲むようにしましょう。

そうする事で少しずつ失われた水分を補給する事ができるので、熱中症の予防をする事ができます。

もしも熱中症の症状が軽くても出ているかも?と思った場合には、冷たいドリンクを少しずつ口に含んで飲むようにしましょう。

これはいきなり大量に飲むと内臓が驚いてしまうからです。

最初は口を湿らす程度で様子をみて、徐々に飲む量を増やしていくといいですね。

冷たくするのは体内に入った時に熱を冷ます事ができるからです。












効率よく水分補給をするには?

冷たい水などを飲むだけではいけません。

熱中症予防をするためには失われた汗と似た成分の飲み物を飲む事が望ましいので、できればスポーツドリンクや熱中症対策の補水液がいいですね。

特に大量に汗をかいてしまった場合には、ナトリウムやカリウムやクエン酸といったミネラルも同時にとれる飲み物を飲むようにしましょう。

特にアイソトニック飲料というのは体液と同じような成分で作られているので、浸透力のおかげで素早く水分補給をしてくれます。

 

水分補給をする時の注意

お父さんは仕事から戻ってきて、冷たいビールをぐいっと飲みたいところですね。

ですがビールで水分補給をする事にはならないので注意しましょう。

実はビールは体が水分だとは認識しにくいと言われているため、大量にビールを飲んでも脱水は改善できません。

その状態でいると生命の危険な状態になる事もあります。

特に炎天下のアウトドアなどでビールを飲んで、スポーツなどをする事がないようにしましょう。

飲みたい気持ちはわかりますが、スポーツドリンクを飲んで水分補給を心がけましょう。

 

自宅で作れる熱中症予防のドリンク

熱中症対策や予防ができるドリンクというのは、自宅にあるもので簡単に作る事ができるのをご存知でしょうか?

台所にある調味料などで簡単に作る事ができるので、ぜひ試してみていただきたいです。

 

熱中症対策ドリンクのつくり方

  • 水:1リットル
  • 塩:3グラム
  • 砂糖:40グラム
  • お好みでレモン(クエン酸が良い)

これを混ぜるだけで簡単にできあがりです。

スポーツドリンクなどの商品とは違いますが、自宅で簡単に作る事ができるのでオススメです。

 

できるだけ冷やして予防をしましょう

いかがだったでしょうか?

熱中症の予防はしっかりと行ってくださいね。

水分補給をするだけでも予防にはなります。

もちろん大量に汗をかいていなければ、冷たいお水だけでも大丈夫だと言われています。

一つだけ注意したいのは、熱中症対策をしたい場合に飲むのですから、できるだけ冷やした飲み物を飲むようにしましょう。

そうする事で体内から冷やす事ができるからなのです。

これらの事を守って水分補給をしていれば必ず熱中症予防はできるはずです。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ