【2016年】今年の冬風邪はどんな症状が流行してる?

2016年あけて早々に風邪をひいてしまったという方が増えているようですが、今年の冬風邪はちょっといつもとは違うらしいので、十分に注意した方がいいらしいですね。

今回は2016年の冬風邪の症状や流行についてを調べてみる事にしました。

すでに風邪をひいてひどい症状で悩んでいる方もいると思うので、参考にしていただければ幸いです。

2016年の冬風邪はいつもと違う!

すでにご家族の中で、冬風邪に感染してしまってひどい症状が出ているという人もいると思うのですが、今年の冬風邪はとにかく咳が酷いというのが特徴だと言えるでしょう。

咳が出始めたら止まらない! というのが特徴で、本当に風邪なのかと疑いたくなった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そうなんです! 実は冬風邪だと思っていたらインフルエンザだったという人が多いのです。

今年の冬風邪は熱が出ないのに咳が非常に強いという症状がありますが、熱が無いからといって風邪だと判断してしまうのが間違いなのです。

実は今年流行している冬風邪の多くは、インフルエンザだというのでちょっと注意した方がいいかもしれません。

という事で、冬風邪ではなく流行していると言われている、インフルエンザB型についてをお話ししましょう。

もちろん冬風邪についての対策や症状などについてもお話ししたいと思います。

 

今年の冬風邪の症状はいつもと違う?

年明けから咳をしている人が多いと思いませんか?

しかもその咳もなかなか改善されずに、1週間も2週間も続いているような状態の方が意外と多いのです。

これは今年2016年の冬風邪の特徴の一つで、激しい咳があるのに熱はあまりないというのが特徴で、さらに喉の違和感や鼻水が長い期間続くという特徴があります。

流行している時期はまだまだ春先まであるので、風邪をひいてしまった場合にはしっかりとマスクなどをして、家族や周囲の人にうつさないようにするべきです。

咳止めを飲む事も重要かもしれませんが、風邪のウイルスは体内から排除されない限りは治りませんので、薬はあくまでも対処療法として受け止めておくべきでしょう。

あまりにも咳が酷い場合には、病院で検査を受けるべきですね!

もしかしたら気管支炎が酷くなっている可能性もありますし、肺炎になっている可能性もあるからです。

では続いてインフルエンザのB型についての説明をしたいと思います。












インフルエンザB型ってどんな症状が出るのか?

インフルエンザB型は今年の冬風邪と同様にかなり流行しているらしいのですが、いつも流行しているA型とはちょっと症状が違うので、風邪かと思って悪化してしまう事があるといいます。

ところでインフルエンザB型というのはどういうものなのかというと、A型のように新型と言われるタイプではなく、昔からあまり変異する事がないインフルエンザの型なのだそうです。

困った事にインフルエンザB型というのは、毎年流行するのではなくて数年おきに流行するから厄介なのだそうですね。

インフルエンザB型に感染すると、症状が重度の人と軽度の人がいるのも厄介です。

軽度の方は風邪だと思っているのでマスクなどをせずに過ごし、家族にうつったらその人は重症になったという事もあるのです(我が家がそうでした)。

すると免疫が弱いお年寄りの場合には死に至る事もあるというわけです!

しかも軽く済んでしまった人が爆発的に感染者を増やす原因になるので恐ろしいと言われているのです。

 

インフルエンザB型の症状の特徴は?

  • 38度を超える熱が出る事がある
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 悪寒
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • のどの痛み
  • 鼻水
  • くしゃみ

今年は特に激しく咳込む方が多いようですので、熱が無かったとしてもマスクをして、うがいや手洗いをしっかりとするなど、周囲の人への感染を防ぐ努力をするべきです。

万が一、お年寄りや抵抗力が弱い赤ちゃんなどに感染させて、命を落とすような事があった場合に、どうやってその責任を取ればいいのか? という部分もしっかりと考えて行動すべきですね!

→2016年の冬風邪の特徴は?咳や喉に注意!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ