ロタウイルスに感染した赤ちゃんの便ってどんな感じ?その他の症状は?

ロタウイルスに感染した赤ちゃんの便はどのようになっているのか気になりますが、細かな症状についても知りたいですよね。

そこでこんなのも? というような、ロタウイルスの特徴的な症状についてなども説明したいと思います。

便に出てくる特徴的な症状とは?

ロタウイルスに感染した赤ちゃんが予防接種を受けていない場合、そして初めての感染の場合には症状が重くなってしまう事が多いようです。

代表的な症状は下痢ですが、激しい下痢をするのとウイルスの影響で便にも特徴が出てくると言われています。

 

白い色の便が出る

例えばカッテージチーズのような白い便がそうですが、ロタウイルスに感染した赤ちゃんのお腹の中では、ウイルスによって白っぽい色の便になるのです。

一般的に腸重積などの病気を発症した時などに、白い便が出ると言われていますが、その病気と同じようにウイルスに感染した事で胆汁が減り白くなるのかもしれません。

白い便といっても、真っ白な便が出るのではなく、白っぽい色の便が出るという事ですので勘違いせず、いつもよりも下痢をしていて白い感じがしたら病院へ連れていきましょう。












激しい下痢を繰り返す

ロタウイルスの別名はロタウイルス胃腸炎といい、胃や腸に激しい症状が出る事で知られています。

激しい下痢とは水のような便が出るという事!

ロタウイルスに感染した赤ちゃんは、まるで体中の水分がなくなってしまうかのような勢いで排泄します。

このため激しい腹痛を伴い赤ちゃんの機嫌は常に悪いというような状態になってしまうのです。

 

激しい下痢のせいで脱水症状も!

水の様な下痢を繰り返す事になるので、赤ちゃんの体力はどんどん奪われてしまいます。

何度も繰り返し下痢の便が出ていくために、脱水症状を起こしてしまう赤ちゃんが多いので、水分補給を欠かすことができません。

もしも脱水症状になってしまったら、体力は急激に落ちて生命の維持が難しくなってしまうので、脱水の症状が出てぐったりとする前に水分補給、もしくは病院に連れていくなどをします。

 

ロタウイルスに感染したら注意する事は

便の色だけでロタウイルスかどうかの判断をしないという事が必要です。

赤ちゃんはちょっとした事でも病気やウイルスなどに感染することがあるからですが、普段から軟便の事が多いので便の色を必ずチェックしましょう。

ただし白い便だけでロタウイルスと判断するのは早いので、おかしいなと思ったら病院で検査を受けるようにして、正しい治療や看病ができるようにすべきです。

検査はとても簡単にできるものなので、まずは便のついたおむつなどを用意して病院に連れていくといいかもしれません。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ