おたふく風邪の予防接種(ワクチン)は無料で受けられる?不足するところも?

予防接種

おたふく風邪の予防接種(ワクチン)は有料である自治体が多いので、日本では予防接種(ワクチン)を受けないで済ませてしまう人がとても多いと言われています。

医療関係の調べによると、およそ70%の方がおたふく風邪の予防接種(ワクチン)を受けていないというから驚きです。

でも最近になって費用の面で変化が!

さらに2015年はおたふく風邪の予防接種(ワクチン)が足らなくなるという事態になりましたが、その理由をお話ししましょう。

おたふく風邪の予防接種(ワクチン)の必要性を解説している動画を発見したので、載せておきます!

おたふく風邪の予防接種(ワクチン)は無料で受けられるのか?

これまでおたふく風邪の予防接種(ワクチン)は有料で受けなくてはなりませんでした。

その料金は5000円~9000円くらいだと言われていて、病院によってかなり費用に開きがあるのが一般的!

その理由は病院によって処置のための料金に差があるからです。

要するに注射を受ける時の医療器具の金額であったり、処置をするための看護師の人件費だったり、処置にかかるもろもろの備品代だったりしました。

なので、おたふく風邪の予防接種(ワクチン)を受ける時には、病院に電話をして事前に費用がどのくらいかかるのかを確認してから受けるといいですね。

 

近年、無料の自治体が増えてきました

これまでは有料だったおたふく風邪の予防接種(ワクチン)ですが、最近では無料で受ける事ができるようにしている自治体が増えてきたようです。

自分の自治体が無料なのかどうかについては、各市町村のホームページなどで確認をしてみるといいかもしれません。

また、完全に無料ではなくても費用の一部が助成金で戻ってくる自治体もあるので、これについても市町村のホームページなどで確認をしてみるといいでしょう。

実はこのおたふく風邪の予防接種(ワクチン)の費用が無料になった自治体が原因で、今年2015年は予防接種(ワクチン)が不足しているという事態になってしまいました。












おたふく風邪の予防接種(ワクチン)が不足している理由

皆さんはおたふく風邪の流行が4年に1度あるという事をご存知でしょうか?

実は2015年はおたふく風邪の流行する年だと言われています。

つまりおたふく風邪の予防接種(ワクチン)が不足している理由は、自治体によって無料化したところが増えたという事が一つ。

そしてもう一つが2015年がおたふく風邪の流行する年だと言われているからなのですね。

 

一次的に足らなくなったワクチンも11月からは安定する

今説明した理由から、今年はおたふく風邪の予防接種(ワクチン)が不足しているというわけです。

ですが一次的に不足して混乱したようですが、ワクチンの方も生産が間に合ってきたため、11月からは安定した供給ができるという事です。

おたふく風邪は、予防接種(ワクチン)を受ける事によって、免疫がついて感染を予防したり感染しても症状が軽く済むと言われています。

なので、今年こそはまだワクチンを済ませていない方々は、予防接種(ワクチン)を受ける良い機会だと言えるのではないでしょうか。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ