熱中症対策に効く食べ物を紹介!

キウイフルーツ

 

暑い季節になると、健康な方であっても食べ物が喉を通らなくなってしまう事があるくらいですから、熱中症になってしまうと余計に食べ物を受け付けなくなってしまうものです。

特にお年寄りや子供は熱中症を発症しやすいため、対策として熱中症効くという食べ物を毎日の食事に取り入れるのはとても良い事です。

そこで具体的な熱中症対策効く食べ物とその効果についてを説明しましょう。

毎日の食事で熱中症を防ぐ事ができる

熱中症は気温が高くなった時、身体の体温の上昇を防ごうと汗を大量に出す事で、体内のミネラルや水分が不足してしまったために、臓器不全や体温調節ができなくなる事で発症します。

最初の段階では体調不良だと思ってしまうために、なかなか熱中症であるという事がわからないケースも多いのですが、わからないからこそ普段の食事で対策をしておくべきなのです。

実は熱中症対策効くと言われている食べ物があるので、普段の食事にその食べ物を使う事で予防や対策をする事ができるのです。

 

熱中症にならないために必要なものとは?

熱中症になるという事は、体内にあるはずのミネラルが不足してしまっているという事です。

つまり不足しがちなミネラルや栄養素を毎日の食事でたっぷりと補給するのが対策となります。

ただしどのミネラルも大量に摂り過ぎるのはよくありませんので、普段よりも少し多めくらいの量を補うように食べるのが理想的なのです。

もちろんおやつとして食べると良いものもあります。

 

熱中症で不足しがちなミネラル

  • カリウム
  • ビタミンB1
  • クエン酸
  • 抗酸化成分

 

これらのミネラルなどの成分というのは、少なくなってしまうと臓器不全を起こしてしまうので、できるだけしっかりと毎日の食事で補う必要があります。

次に熱中症対策に効くと言われている食べ物をご紹介いたします。

 

熱中症対策に効く食べ物

カリウムを多く含む食べ物

  • バナナ
  • アボカド
  • 枝豆
  • じゃがいも
  • キウイフルーツ
  • メロン
  • ゴーヤ
  • 納豆
  • ブロッコリー
  • ほうれん草

カリウムは汗と一緒に出ていってしまいますが、熱に弱いため加熱しないですむフルーツがおすすめです。

 

ビタミンB1を多く含む食べ物

  • 豚肉
  • ハム
  • ウィンナー
  • きな粉
  • カシューナッツ
  • ピスタチオ
  • たらこ
  • かつお節
  • のり

主に豚肉に多く含まれている栄養素ですが、ナッツ類にもとても多く含まれています。

 

クエン酸を多く含む食べ物

  • レモン
  • 梅干し

 

抗酸化成分を多く含む食べ物

  • トマト
  • にんじん
  • モロヘイヤ
  • イワシ
  • アーモンド
  • スイカ

活性酸素から身体を守るので、体調不良や熱中症も予防できるとされています。












熱中症対策のために常に用意する

毎日の食べ物で熱中症対策ができるのはわかりましたが、食事に同じものばかりがローテーションするのも大変です。

そういう場合におすすめなのが「ナッツ類」です。

例えばカシューナッツやピスタチオはカリウム、アーモンドは抗酸化成分を補う事ができますよね。

なのでおやつの時間意外にも常につまめるように、瓶やお皿などに常にナッツ類を置いておきましょう。

食べ過ぎはいけませんが塩分も適度に摂れるので効果的です。

 

まとめ

いかがでしょうか?

熱中症対策効くと言われている食べ物は、意外と多かったと感じていただけたのではないでしょうか。

今回の記事のおさらいをしてみると、不足しがちなミネラルは次の通りです。

  • カリウム
  • ビタミンB1
  • クエン酸
  • 抗酸化成分

 

それぞれの栄養素が足らなくなってしまう事で熱中症は発症しますので、できるだけ少し多めに摂取するようにしましょう。

もちろん水分もしっかりと補う事を忘れないようにしてください。

きっと熱中症の予防ができて涼しい時期まで元気で乗りきれるはずです。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ