頭痛や吐き気,嘔吐が!めまいも!考えられる病気や原因は?

頭痛

頭痛、吐き気、嘔吐、めまいなどの症状が出た時に病院に行くと、必ず言われるのが「自律神経でしょう」という言葉ではないでしょうか。

自律神経って言われても、一般的な人にはそれが何を意味しているのかがわかりにくいものですよね。

そこで今回は頭痛や吐き気や嘔吐にめまいといった症状が出ると言われている、自律神経失調症についてのお話しをしていきたいと思います。

自律神経っていったいどんな神経なのか?

まず疑問に思うのはこの自律神経という神経の事だと思うのですが、自律神経というのは簡単に言ってしまえば、自分の意志でどうにもできない神経の事です。

例えば心臓なんていうのは自分で制御できたら驚いてしまいませんか?

自分で勝手に心臓を止める事ができたら、しょっちゅうあちこちで死亡事故が絶えない事になります。

それに臓器が活発に動いているのも、本人が制御して動かしているわけではありませんよね?

これは生命を維持するために必要な神経なので、自分で制御をする事ができないのです。

そしてこの自律神経というのは、強いストレスが加わる事によって、乱れてしまう事もあるのです。

 

自律神経が乱れるとどうなってしまうのか?

まず制御不能な神経が暴走してしまうので、突然のめまいを感じたりする事もありますし、これまで感じた事がない人が頭痛を感じたりします。

また、吐き気も感じて嘔吐もするようになるのですが、本人にはそれを制御する事ができないので、徐々に神経が疲れてしまうのです。

これらの症状の他にも、暑くもなにのに汗が出てしまうといった事もあります。

何でもないのに汗を大量にかくというのもかなり嫌なものですよね?

そこで自律神経失調症を改善するための治療を受けるわけです。












自律神経失調症を改善する治療とは?

もしも自律神経失調症だと診断された場合には、状態を改善するための治療を受ける必要があります。

例えば代表的なのが薬による薬物療法ですが、薬物療法には効果がはっきりと出る人とそうでもない人がいます。

なのでそれでも効果を実感できない場合には、一般心理療法という治療を試す事になるはずです。

これは自分の中で起こっている何かを、言葉に出して発したりしながら事態を改善させるという治療方法です。

また、自律訓練という方法を選ぶ方もいるようですが、この治療方法は自己暗示をかける事によって、深いな症状が出ないよう心がける治療法です。

他にも自律神経失調症の治療方法はいくつかありますが、自己流で行うのではなく病院に相談をして治療をするといいでしょう。

 

強いストレスは身体にも異変をもたらします

いかがでしたか?

もしかしたら普段感じている頭痛や吐き気、嘔吐にめまいは自律神経失調症が原因なのかもしれません。

強いストレスを感じると人間の精神はもろく崩れやすくなりますので、常にストレスを感じないような生活をする事を心がけましょう。

辛いと思ったら、信用できる友人や家族に助けを求めてもいいのです!

そうすれば症状も軽くなっていくかもしれません。

最後に、自立神経失調症について解説している動画を発見したので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ