頭痛や吐き気,嘔吐が!ストレスが原因?

頭痛

頭痛の原因は人によっていろいろとあるものですが、原因がわからないのに頭痛が治まらないといった経験はありませんか?

原因がわからない頭痛は放置していると良くありません。

まずはその頭痛の原因が何かをしっかりと調べて改善しなければ、薬を飲んでも一次的な回復にしかならないので、あまり良い事ではありません。

そこで今回は、頭痛の原因の一つと言われている「ストレス」についてをお話ししたいと思います。

ストレスがかかるとどのように作用するのか?

普段健康な方の場合、頭痛なんて大したこと無いと思うかもしれませんが、頭痛は早めに治さないと前頭葉にあまり良くない影響を及ぼすと言われています。

なので痛みを感じ始めてひどくならない内に、薬を飲むなどして痛みを鎮めましょう。

もしも頭痛薬を飲んでも頭痛が治らない場合、もしかしたらストレスが原因となっている頭痛かもしれません。

ストレスが頭痛に関係するのは有名な話で、強いストレスがかかると、自律神経に影響を及ぼしますので、頭痛などが頻繁に起こるようになるのです。

自律神経のバランスが崩れてくると、頭痛だけではなく吐き気や強いめまいなどを感じるようにもなり、そのまま放置しているとうつ病などの病気に発展しかねません。












ストレスによる頭痛は原因を調べるべき!

まずは強いストレスを起こしている原因を突き止める必要があるのですが、恐らく自分でもわからない事が原因になっている事もあるはずです。

例えばうまくいっていると思い込んでいる人間関係とか、いつの間にか我慢をしたりしていると、だんだんと自分では制御ができないほどの力を持っていきます。

なので激しい頭痛や吐き気が出た段階でなんとかしないと、今度は嘔吐をするようになる事もあるのです。

もしも嘔吐するようになったのならば、まずは病院で検査を受けてみるといいかもしれません!

検査を受けて病気が原因だと診断されない場合は、ストレスによる精神的な事が原因だと言えるでしょう。

 

ストレスによる頭痛にはどのように対処すべき?

心療内科などでストレスが原因の頭痛だと診断された場合、ストレスが何かを突き止める事になるはずです。

その原因をなるべく早めに取り除き、自律神経のバランスを正常にする必要がありますので、必要ならば薬などを処方される事もあるでしょう。

ただし精神的な病気への投薬は、自分に合った薬を飲まないと、余計にひどくなってしまう場合があるので、医師に正直に薬の作用についてを話すべきです。

ストレスの原因の多くは、会社での人間関係だったりするようですが、その場合は会社を辞めなくても済むような方向で考えるべきか、それとも会社を辞めて心機一転頑張るかを決めなくてはなりません。

現代社会はストレスが多い時代ですから、何が頭痛や吐き気、嘔吐などの原因となるかは予測がつかないものです。

いざという時のためにも、頭痛に対しての一般的な知識を学んでみてもいいかもしれません。

最後に、自立神経失調症について解説している動画を発見したので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ