頭痛や吐き気,寒気が!汗も出る!考えられる病気や原因は?

頭痛

頭痛や吐き気、寒気がして汗も出る!

そんな症状がずらーっと並んでしまったら、本人もそして家族もとても不安になるのではないでしょうか。

そこで今回はこれらの症状が関係している病気や原因を調べてお話しいたしましょう。

頭痛は日本人の国民病と言われているほど経験者が多いものですが、頭痛そのものは実は病気ではない事が多いようなのです。

いわゆる頭部の血行不良などが原因である事が多く、日常的に頭痛を感じている人が多いので、頭痛だから特別に病院に行くというような事も少ないものなのだそうです。

今回は頭痛に吐き気や寒気そして汗が出るといった症状が重なった時、どんな病気や原因が関係しているのかについてを、簡単ですが調べてお話ししたいと思います。

重要なのは頭痛以外の症状です!

頭痛というのは血行不良が原因の事が多いですので、血圧が上がったり下がったりする原因を改善すれば、痛みも自然と治まってくるものです。

なので基本的に重要なキーワードは頭痛ではなく、他の症状であると言えるわけです!

注目すべきは吐き気と寒気、そして汗です。

これらの症状が出る病気や原因を調べていけば、自然と頭痛の改善方法なども見つかるというわけです!

まず寒気と汗について考えてみましょう。

 

寒気や汗が出る原因は発熱であることが多い

皆さんは寒気はどうして起こるのかを考えた事はありますか?

そしてその原因について何かご存知の事はあるのでしょうか?

まずはここからお話ししていきます。

寒気というのは外気が自分の体温よりも低い時に感じる症状で、私たちは寒くなると動けなくなり命の危険を感じるため、その危険回避のためにこの寒気が起こるようにできています。

寒さからできるだけ身を守ろうとする防衛本能のようなものです!

ですが現代人の場合には、衣服などでいくらでも調節は可能です。

したがって寒気を感じる理由は他にあるのです!

それが発熱による体温の上昇です。












発熱すると寒気がするのは当然の事です

どうして発熱すると寒気がするのかというと、平熱よりも1度以上熱があがると、それだけ外気が下がったように感じるのです。

だから発熱すると同じ室内なのに寒いと感じ、ぞくぞくと寒気が起こるというわけなのです!

この寒気を改善したいのならば、室内の温度を上げるか解熱するしかありません。

さらに発熱すると汗をかきますので、それが室温で冷やされてより寒いと感じるため、寒気が起こってしまうのでしょう。

熱による汗を放置しておくと、より症状が悪化する可能性が否めませんので、汗をかいたらすぐに着替えるようにして、早く症状が改善するように努めましょう。

 

頭痛、吐き気、寒気、汗が出る原因として考えられるのは?

一番考えられる原因は「風邪」や「インフルエンザ」などの感染症ではないでしょうか?

特にインフルエンザに感染すると、高熱が出る事がありますよね。

その高熱のために汗をかいて寒気をぞくぞくと感じる事になるので、できるだけ早く何らかの対処をする必要があるでしょう。

汗が出た時の対策としては、着替えを用意しておいてこまめに着替える事、そして熱が酷い時には解熱鎮痛剤などを使って頭部を守る事が必要です。

吐き気がした場合にも頭痛を感じやすいので、苦しいと感じた場合には病院で吐き止めを処方していただけますので、処方してもらうといいですね。

 

ウイルスを対外に出してしまえば問題はない!

いかがでしたか?

頭痛、吐き気、寒気、汗などの症状が出た場合の原因は、ウイルスが関係している事が多いという事がわかっていただけたでしょうか。

もちろん内科の検査ではあまり良くわからなかったという事はよくありますが、その場合には頭部の検査を依頼してみるといいかもしれません。

くも膜下出血や脳梗塞などの病気を発症した方でも、同じような症状が出る事もあります。

これらの症状に言葉が出てこないなどの症状が重なったら、問答無用で病院に行く事をおすすめいたします。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ