花粉症の最新治療薬『シダトレン』の価格・費用は?保険は効く?

花粉

花粉症の症状を鎮めるのは本当に大変ですが、薬は日々進化しているのは事実で、実際に2014年には新しい花粉症の薬の認可がおりました。

その花粉症の薬は『シダトレン』という名前です!

今回はこのシダトレンという花粉症の新薬についてのお話をしていきたいと思います。

シダトレンという薬はどんな効果があるのか?

海外ではよくある薬の飲み方なのですが、舌下に薬を投与して飲むというタイプの薬がありますよね。

日本では処方薬として舌下に投与して飲むタイプの認可がおりたのは初めての事で、アレルギーの薬として認可されたのも初めての事なのです。

では具体的にこの薬の効果や価格・費用についてを簡単に説明していきましょう。

 

シダトレンの効果とは?

アレルギーの症状を軽減させる働きがあるのはもちろんですが、長い間、花粉症の症状を抑える事ができるので、患者さんの負担がとても軽くなります。

重度の花粉症の症状でお悩みの方のためのお薬で、これまで皮下注射で治療をしてきた人にとっては、注射をしなくても済むという意味でも負担を軽減する事ができます。

この薬は病院でアレルギーの症状を軽減する治療なので、そう簡単に処方してもらえる薬ではありませんし、治療をする時にはアレルギーかどうかのチェックもかなりしっかり行います。

では具体的な治療法や価格・費用についてをお話ししましょう。

 

『シダトレン』は減感作療法(アレルゲン免疫療法)薬

この薬は症状を抑えるのが目的なのですが、毎年注射をしてアレルギー症状を抑えていたという方に対して行う治療で、この薬の投与が必要になった患者にのみ行う治療です。

最初はアレルギーかどうかをチェックして、アレルギーだと診断された場合には、少しずつ投与をして様子を見て、徐々に投与する量を増やしていきます。

この薬は減感作療法というものなので、長期にわたって投与が行われる事になり、その年数は3年~5年もかかるのです。

しかも効果が出る人にはかなり良い効果なのですが、当然ですが投与をしても効果が出ない人がいるのも事実です。

 

シダトレンでの治療は現在のところできる? できない?

テレビでこのシダトレンの特集を見た方も多いと思うのですが、確かにこの検査は現在では受ける事ができる治療となっています。

ですが良い事ばかりではなく問題点があるのも事実なので、その部分を簡単に説明すると、次のような注意が必要になります。












スギの花粉症にしか効果が無い治療法

まず最大の難関はスギの花粉症の治療にしか効果が無いという事、そして治療は6月~12月までの半年間で1年の治療となります。

これを最低でも2年以上は行わなければなりませんし、その時に注意しなくてはならない事があるのです。

それは1日でも飲み忘れてしまったら(舌下に投与し忘れたら)最初からやりなおしになり、また来年の6月から治療が開始される事になるわけです。

ちょっとでもずぼらな人だったら成り立たない治療方法だと言えるわけです。

 

適応年齢があるという事も忘れない!

この治療は適応年齢があって、13歳以上から65歳までの年齢の方にしか行う事ができません。

つまりそれより若い人は13歳を過ぎるまで我慢しなくてはならないという事と、65歳以上の方は別の治療方法をする必要があるという事も忘れてはなりません。

ちなみに初回は2週間後に病院に行かなくてはなりませんし、その次からは4週間に1回病院に行かないといけません。

意外と少ないからいいではないかと思われるかもしれませんが、1回でも忘れてしまったふりだしに戻るので注意しましょう。

 

およそ2割の人に効果が全くないという事!

この薬は新薬という事もあって、とても期待が高まっているようなのですが、なんと治療をした人の中で2割の方が、全く治療効果を感じなかったといいます。

つまりこの薬があっている人には優れた効果を発揮してくれますが、合わなければお金の無駄遣いになります。

ちなみに効くか効かないかについては、実際に使ってみないとわからないので、こちらについてもよく考えて治療を受けるといいでしょう。

 

強い副作用が出る事がある

どの薬も万能薬ではありませんので、副作用だってあるものなのですが、実はこのシダトレンという薬にも副作用が報告されています。

例えば、アナフィラキシーショックが出る事があり、命に危険が及ぶ事だって十分考えられます。

口や手足のシビレを感じる事もあるでしょうし、汗が大量に噴出してくるといった事もあるかもしれませんので、しっかりと医師と相談しつつ飲むといいですね。

 

シダトレンでの治療は保険が効く?

以前は保険が効かない治療でしたが、平成26年の10月からは保険が適応となったので、高額な医療費の心配をしなくても大丈夫です。

ちなみにこの治療はどこの病院でも受けられるという事ではありませんので、まずはこの治療ができる病院を探す必要があります。

アレルギー科や耳鼻咽喉科、大学附属病院などでも扱っている可能性がありますので、医師に相談をして紹介状を書いていただくといいでしょう。

ちなみにこちらのにかかる費用ですが、3割負担で2,000円~3,000円の間で受ける事ができます。

最後に、舌下免疫療法について説明している動画を発見したので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ