花粉症に漢方薬ツムラ『小青竜湯』は効果ある?新薬とどう違うの?

花粉

花粉症の時期になると、くしゃみや鼻水に鼻づまりといった症状が出てくるものですが、これらの症状を改善するために市販薬を飲む方がいいのか迷います。

例えば強い市販薬を飲む事にどうしても不安が残るという方もいらっしゃるはずですよね?

そこで今回は花粉症に効くと言われている、漢方薬の小青竜湯についてを調べてみましょう。

花粉症に効果がある漢方薬はあるのでしょうか?

まずは漢方で花粉症に効果があると言われている薬について調べてみると、ツムラで販売している小青竜湯という漢方薬が、花粉症の諸症状に効果があると言われている事がわかりました。

ツムラというと、漢方薬にかけては有名な企業ですよね!

とてもよく効きそうなイメージがあるのですが、本当のところはどうなのかをお話ししましょう。

確かにツムラの販売している漢方の『小青竜湯』は、花粉症の諸症状に効果があるというのは本当の事のようです。

その効果についてもお話ししておく必要があるでしょう。

 

ツムラの漢方の小青竜湯の効果とは?

小青竜湯は小青竜湯という薬効効果がある植物から抽出したエキスで作られている顆粒の飲み薬です。

このお薬は花粉症による鼻水や(乾いた)咳などに優れた効果を発揮するようにできているので、確かに花粉症で苦しんでいる方にとっては効果が期待できるお薬です。

アレルギー性鼻炎にも効果があり、鼻水などの症状を鎮めてくれる働きもあって、市販されている薬を使うのが嫌だという方には良いお薬だと言えるでしょう。

ただし、ツムラではこうも言っていますので、副作用が心配される方は飲まない方がいいでしょう。












小青竜湯を飲まない方がいい人

小青竜湯は漢方だから誰でも飲んでいいと思われる人がいるかもしれませんが、実際には飲んではいけないという人もいます。

例えば持病などがあって治療をしていて薬を飲んでいる人や、妊娠の可能性がある方や妊婦も飲んではいけません。

虚弱体質の方や体調不良などによって体が弱くなっている方にも使用をする事はできません。

また、高齢者の方はやっぱり飲む事はできませんので、もしもどうしても希望する場合には、病院の受診をして処方していただくといいでしょう。

他にも高血圧や甲状腺機能障害、さらに心臓が悪い人や腎臓が悪い方にもおすすめはできません。

 

新薬とはどこがどう違うのか知りたい

新薬と漢方薬の大きな違いは、作られた目的の違いだと言えるのではないでしょうか?

新薬は花粉症の症状を抑えるために作られています。

一方の小青竜湯は基本的には気管支炎や鼻と咳の風邪の症状などに特化するように作られていますので、花粉症の辛い症状を全て改善してくれるとは言えません。

この事から、小青竜湯は限定的な症状の花粉症の方には優れた効果を発揮してくれるお薬、という位置づけで考えておくといいのかもしれません。

では最後に副作用についてをお話ししておきましょう。

 

小青竜湯にも副作用があります!

漢方というと、副作用などあまりなさそうに感じるかもしれませんが、漢方は薬なのでやっぱり副作用が出てくるものなのです。

例えば、皮膚、消化器、間質性肺炎、偽アルドステロン症、ミオパチー、肝機能障害などの症状が出る場合もあるようです。

なので咳のひどい花粉症や、サラサラとした鼻水が出るタイプの方以外が飲んでみたい、という場合には医師に相談をして飲む方がよさそうです。

それともう一つの注意点としては、長期にわたって飲み続ける場合にも、医師に相談をしてから続けて飲むようにした方がよさそうです。

最後に、花粉症治療の漢方薬について解説している動画を発見したので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ