夏風邪の症状で喉の痛みがするときの対処法を紹介!

夏風邪の症状で喉の痛みがするときの対処法を紹介!

夏に風邪をひくのはバカなどと昔は言っておりましたが、暑い時期に冬でもないのに風邪をひくなんておかしいという意味を込めて言っていたのかもしれませんね。

ですが昔の方は本当の理由を知らないからそんな事を言っていたのでしょう。

実は夏風邪は冬の風邪とは違う原因で起こる病気で、感染してから悪化するまで意外とあっという間!

今回は夏風邪の喉への症状の対処法などについてをお話していきます。

夏風邪は油断すると感染する

夏風邪はどうして発症するのでしょうか?

冬の風邪とは違って、夏風邪の8割~9割はウイルスへの感染によって発症します。

夏なのに風邪のウイルスに感染するというのはちょっと不思議な気がしますが、夏風邪のウイルスは意外と多く感染力も思ったよりも強かったりします。

ただし、夏風邪は免疫力が高い方には感染しても発症する事ができなかったり、発症しても症状が軽く済んでしまったりするものなのです。

喉に症状が出る夏風邪のウイルスとは?

喉に症状が出る夏風邪というところに注目して、どのようなウイルスに感染すると喉の痛みを感じる夏風邪にかかってしまうのかを見てみましょう。

まず喉に症状が出る夏風邪のウイルスの代表的なものが「エンテロウイルス」というウイルスと、「アデノウイルス」というウイルスで、この二つのウイルス以外ではあまり喉には症状が出ません。

大人であっても感染したらたちまち症状が出てくるウイルスですが、子供の場合はプール熱などといった名前で知られているので、聞いたことがある方もおられるのではないでしょうか。

手足口病はアデノウイルスが原因で発症し、子供の命を奪う事もある恐ろしい夏風邪なので、毎年気をつけたいものですよね。












喉の症状を和らげるためには?

夏風邪による喉の症状を改善したいと思うかもしれませんが、このサイトでも何度かご紹介していますが、夏風邪には有効な特効薬というものが存在しません。

そのため、その時にできる対処法によって症状が悪化してしまわないようにする、それと同時に栄養をとって休養をとって免疫力を高めるしかないのです。

つまり夏風邪は自然治癒するしかないというのが現実なのですね。

そこでできるだけ自然治癒能力を高めるためのお手伝いができる対処法についてをご紹介したいと思います。

ぐっすりと眠る事

まず必要なのはぐっすりと眠る事で、眠る事によって体力を奪われるのを防ぐ事ができます。

たっぷりと睡眠をとる事によって、免疫力が自然に高まっていく事が十分に考えられます。

自然治癒能力を高めるお手伝いができるという事になるわけです。

栄養をつける事

免疫力を高めるために必要なものの代表的なものの一つが「栄養」です。

体内の免疫力を高めてくれる栄養素を含んだ食事を食べる事でそれを実現できます。

例えば卵や肉などもいいですが、ビタミンをとりたいので酸っぱくない程度のスムージーなどもいいかもしれません。

水分補給のために水をたくさん飲む必要もあるので、その時に食べやすくシャーベット状にしたスムージーなどもおすすめです。

病院へ行く事

夏風邪の症状は喉の痛みや炎症だけではなくて、熱など他の症状も出てくるものなので、できれば最初の段階で病院へ行っておくのも必要かもしれません。

病院では夏風邪を治療する薬は処方してくれませんが、他の諸症状を和らげる事ができるお薬を処方してくれるかもしれないからです。

まとめ

いかがでしたか?

夏風邪は免疫力が弱い時に感染してしまう事で発症してしまう病気の一つです。

なので対処法としては免疫力を高める事や体力をつける事で、自然治癒能力を高くして治療をしていくようにするしかないのですね。

夏風邪だからといって甘くみてはいけません!

しっかりと対処していかないと、ウイルスが排除できずに増殖してしまい、繰り返し発症する事もあるので要注意なのです。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ