夏風邪の症状とは?子供は発疹や高熱が出る?

夏風邪の症状とは?子供は発疹や高熱が出る?

子供が病気になるとお母さんはとても辛いですね。

やはり子供は元気に外で遊んでいるくらいがいいものです。

ところで毎年夏になると、夏風邪が流行したりするのでお母さんにとってはとても心配だと感じているものかもしれませんね。

今回は、子供が夏風邪をひいた時に出ると言われている症状についてをお話していきたいと思います。

子供の間で大流行する夏風邪の事

夏風邪には大人が感染するものと、子供が感染するというものとに分かれているのをご存知でしょうか?

実は子供には子供の感染しやすい夏風邪があるのです。

ちなみに子供の感染する夏風邪に大人が感染するとなると、よほど免疫力が下がっていたのであろうという事になるわけです。

困った事に子供の間で流行する夏風邪には、色々な種類があると言われています。

そしてそれは風邪特有の症状の他にも嫌な症状をもたらすのです。

それでは子供の夏風邪による症状についてをわかりやすく説明していきましょう。

子供の夏風邪のタイプと症状

子供の夏風邪は大人の夏風邪とは違ったウイルスによって、様々な症状が発症していくと言われています。

その中でも有名なのはプール熱と手足口病です。

この二つの夏風邪のウイルスというのは、毎年どこかの学校や保育園幼稚園などで大流行したりしています

ちなみに手足口病はここ数年季節を問わず流行していますね。

ではこの代表的な二つのウイルスによる夏風邪の説明と症状についてお話していきます。












プール熱

プール熱を引き起こすウイルスは「アデノウイルス」というウイルスが原因の夏風邪で、子供どうしの感染力は強くその名の通りプールで感染する事が多いのです。

実はこのウイルスによる夏風邪は、高熱の症状が出る事でも知られていて、発症すると38度以上の高熱が3日~5日ほども続くと言われています。

高熱が出た場合やプール熱が流行しているという話があった場合には、すぐに病院に連れていき解熱剤などを処方してもらうといいでしょう。

子供から大人に感染するケースも多発しているので、大人であっても油断をせずに予防をするようにしましょう。

手足口病

手足口病は赤ちゃんから幼児が発症しやすいと言われているウイルスで、コクサッキーウイルスやエンテロウイルスなどが原因で発症すると言われています。

こちらの夏風邪の症状も高熱がでる事で知られています。

そして発疹が出て痒みや痛みを伴うと言われています。

予防をするのは難しく感染してしまう事が多いため、早めに病院に行って治してあげたいところですが、この病気は効果的な薬がありません。

なのでできるだけ脱水症状に気をつけて自力で回復をするように促すしかないのです。

子供は予防が難しいのが現状です

いかがでしたか?

子供の夏風邪の症状というのがわかりましたね。

大事なのはたとえ高熱が出たからといって慌てふためかない事と、熱がどうして出るのかをしっかりと把握して、ウイルスを撃退できるようサポートをしてあげるべきでしょう。

予防が難しいので、予防をしたいと思ったら普段から免疫力を高める食べ物を食べるなどをするといいでしょう。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ