夏風邪の症状とは?大人は微熱や咳などの症状が出る?

夏風邪の症状とは?大人は微熱や咳などの症状が出る?

夏の風邪と冬の風邪とどちらがより症状が重いと言われているのでしょうか?

恐らく皆さんは、夏の風邪だからそんなに辛くはないはずだと思われているのではないかと思います。

ですが実際に夏風邪をひいた時の事を思い出してみてください。

冬にひいた風邪の時よりも夏風邪の方が断然症状も重いですし、治りが悪くて辛かったのではないでしょうか。

今回は大人が夏風邪をひいた場合の症状、特に微熱や咳についてのお話をしていきたいと思います。

夏風邪ではどのような症状が出る?

夏風邪の主な症状は次の通りになります。

冬にひく風邪と比べるとやはり違うという印象を受けるはずです。

それでは冬の風邪の主な症状から見てみましょう。

冬の風邪の諸症状

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 喉の痛み
  • 発熱

次に夏風邪の主な症状についてを見てみましょう。

夏風邪の諸症状

  • 発熱
  • 腹痛
  • 下痢
  • 喉の痛み
  • 嘔吐

 

症状が少ないけれど甘くはない

二つを見比べると数は変わらないようですが、一見すると冬の風邪の方が症状が重くなりそうだと思うかもしれません。

実際には夏風邪の方が症状がより重いものなのです。

では次に夏風邪の症状と大人に出るといわれる症状を見てみる事にしましょう。












夏風邪の症状は重くなりやすい

日本の夏はとても暑いですよね。

当然ですが湿度も高いのに風邪に感染してしまうのです。

この事からわかるようにどうする事もできないというのが本音です。

どうしてかというと、例えば夏風邪による熱が出た場合、特効薬がないので熱さましなどが効かない事もあるのです。

これは子供はもちろん大人でもかなり厳しい事です。

しかも高熱になりやすいため体力をどんどん奪われてしまいます。

激しく嘔吐したり腹痛を伴う事もあるので食事が摂れず、体力をどんどん奪われてしまう事にもなるのです。

これだけでも夏風邪の症状が重いというのがわかりますよね。

夏風邪で咳や微熱もでる?

ところで夏風邪では冬の風邪のように咳が出るものなのでしょうか?

答えは「Yes」です。

夏風邪でも咳は出ます。

しかも感染力が比較的強いので夏風邪をひいている場合には外に出ないのが一番です。

もちろん初期の段階では微熱が出る事もあります。

ですが微熱の段階などはすぐに通り越してしまうもので、どんどん高熱になってしまう事の方が多いでしょう。

夏風邪は大人よりも子供の方が症状が重くなりやすい病気です。

なので大人の方ができるだけ感染しないように予防をする事を考えた方がいいでしょう。

ちなみに高熱が出た場合でも微熱が出た場合でも、熱が出るのにはちゃんとした理由があります。

体内に入り込んだウイルスを撃退するための反応ですので、40度以上の高熱が出て続かない限りは、深刻な心配をする必要は無いでしょう。

どうしても心配な場合には、病院を受診して医師に相談をしてみるといいですよ! きっと安心できるはずです。

夏風邪は大人も子供も予防が一番です

いかがだったでしょうか?

今回の記事はお役に立てたでしょうか?

これから暑い夏真っ盛りになっていきます。

できるだけ大人が感染をしても子供に移らないように予防をする事に務めた方が良いかもしれません。

子供は他の病気を併発しやすいので、外から戻ったら手洗いうがいは徹底した方がいいかもしれませんね。

いずれにしても、夏風邪は抵抗力が弱っている時に感染しやすい病気です。

常に予防を心がけておくといいですね。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ