夏風邪の予防におすすめな食べ物を紹介!

キウイフルーツ

毎年夏になると夏風邪をひいてしまうという方もいらっしゃいますよね。

大人であっても夏風邪というのは症状が重くて辛いものですが、子供はより症状が辛く感じてしまうものなのです。

その辛さを考えると、夏風邪の予防におすすめな食べ物があればいいですよね。

そこで今回は夏風邪を予防する事ができる方法についてをお話してみたいと思います。

夏風邪はどうやったら治るのか?

何度も夏風邪については取り上げているので皆さんも御存知のように、夏風邪というのは感染してしまうと大変症状が辛いものです。

それは夏風邪というのがウイルスによって感染するからで、体内でウイルスが増殖をしている間というのは、高熱が出たり種類によっては発疹が出たりするのです。

ちなみに熱が出る原因はウイルスが体内で増殖するのを防ぐために、熱でウイルスを死滅させようとするからです。

つまり熱によって危険なものを排除しようとしている反応の一種という事になりますね。

夏風邪をできるだけ早く治したいと思っていても、実は夏風邪には有効な薬もありませんし、これといった治療があるわけでもないのです。

そのためできるだけ夏風邪にならないようにするべきなのです。

 

夏風邪を予防するために気をつけたい事

まず第一なのが夏風邪にならない事ですよね?

そこで夏風邪に感染しないためにも、予防をする事を考えるべきなのではないでしょうか。

まずしっかりと習慣づけたいのが外から帰ってきたら「うがい」と「手洗い」をする事です。

この二つは必ず行なうようにした方がより確実に夏風邪への感染を予防する事ができるのです。

もちろん他にも予防をする方法として次のような事に気をつけてみてもいいかもしれません。












夏風邪を予防するためには免疫力UP

夏風邪に感染してしまうもう一つの原因は、免疫力が下がってしまっているという事ですので、免疫力を下げないようにするべきです。

免疫力を下げないようにするためにできる事はそれほど少なくなく、例えばその代表的なものが食べ物によって免疫力を上げるという方法です。

そこで免疫力を上げると言われている食べ物をいくつかご紹介しておきましょう。

 

夏風邪に負けない免疫力を上げる食べ物

ビタミンB

夏風邪の予防ができる栄養素としてあげられるのがビタミンBです。

ビタミンBは何に含まれているのかというと、代表的なのが豚肉そして納豆バナナといういかにも栄養価が高そうな食べ物です。

水分の補給の事を考えるとバナナジュースを作って飲むというのもいいかもしれませんし、納豆に卵を入れて食べる習慣もいいかもしれませんね。

大きな玉子だと食べづらいという方は、うずらの卵などを入れて食べると風味もよく生臭さもなくていいでしょう。

 

ビタミンC

ビタミンCは免疫力を高める働きに注目されている栄養素です。

高濃度ビタミンCというものを直接患部に注射する事によって、がんの治療などにも使われています。

当然ですが夏風邪の予防をする事もできるので、ビタミンCもたくさん摂るといいでしょう。

食べ物としては緑黄色野菜に多く含まれています。

季節が秋ならばみかんよりも柿の方がビタミンCをたくさん摂れていいですね。

ただ夏風邪の場合は季節は夏ですから、旬の夏やさいや旬のくだものを食べて補ってもいいでしょう。

また、ビタミンCはストレスの解消にも役立ってくれるので、夏風邪以外の病気の予防にもオススメできます。

 

普段からバランスよく食事をするようにしましょう

いかがでしたか?

夏風邪は免疫力を高めていれば感染して症状が出てもすぐに治る事もある病気です。

毎日の食生活に気をつけていれば、誰だって夏風邪に負けない体づくりをする事ができるので、ほんの少しだけでも頑張ってみてはいかがでしょうか。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ