RSウイルス感染症に乳児がなってしまったら後遺症が残ってしまう?

泣いている赤ちゃん

RSウイルス感染症は、生後まもなくから生後2歳までの間にほぼ100%の赤ちゃんが感染すると言われています。

実は、この病気に感染した年齢が低ければ低いほど重症になりやすいと言われていて、場合によっては後遺症が残ってしまう事があるのだそうです。

今回はRSウイルス感染症に乳児が感染して重症化してしまった場合、どのような後遺症が残ってしまうというのかについてを簡単に説明したいと思います。

RSウイルス感染症に乳児が感染すると?

生後2ヶ月くらいの乳児から6ヶ月くらいまでの間にこのRSウイルス感染症に感染してしまうと、重症化してしまいやすいと言われているようです。

重症化してしまうとどのようになってしまうのかというと、肺炎や細気管支炎などの呼吸器系に重大な負担をかけてしまう事になると言われています。

咳も熱も出ていないのに、突然呼吸が止まっていたなどという事もあるので、お母さんもお父さんも十分に注意してあげなくてはならないのです。

ところが、この病気の症状が風邪と似ているので、それほど重症になるとは考えていないご両親もまだ多く、その結果として乳児が気づいたら亡くなっていたという恐ろしい事故につながってしまう事もあるようなのです。

 

RSウイルス感染症に感染したら?

乳児が初めてこのウイルスに感染すると重症化しやすく、乳児の状態によっては重篤になってしまう事があるようなので、まずは初めて風邪をひいたかも?と思ったら病院に連れて行くと安心かもしれません。

もしも感染してしまったとわかったら入院する事になるかもしれませんが、そうなってしまうと治療によって全快したとしても問題が残る事もあるようです。

それがこのRSウイルス感染症の後遺症という事になるわけです。












RSウイルス感染症の後遺症とは?

このウイルスに感染して重症化してしまった乳児は、回復したとしてもその後数年間くらいの間は、ちょっとした風邪をひいても激しく咳き込む事が多くなる事もあるようです。

また、風邪をひいていないのに咳が止まらないなどの症状が出る事もあるので、十分に観察して必要ならば病院へ連れていくなどをしなくてはならないでしょう。

それに恐ろしいのは、乳児の時初めてRSウイルス感染症にかかってしまい、重症化してしまうと後遺症の他に喘息持ちになる確率が30%ほどに上がると言われています。

そのため、小学生になった頃にいきなり喘息になってしまうという例もある様なので、十分に気をつけてあげてください。

 

風邪をひいた時にも注意してあげる事!

RSウイルス感染症に乳児が初めて感染して重症化してしまうと、その後の風邪などの時に細気管支炎になりやすくなってしまう事もあります。

また、肺炎などにもなりやすくなってしまうという事もある様なので、うがいは無理でも手洗い(消毒など)は徹底しなくてはならなくなるでしょう。

それに兄弟がいて集団生活をしていると、風邪などの病気をもらいやすくなるので、家に帰った時だけでなく学校などでもうがいや手洗いを徹底するように教えてあげなくてはなりません。

この事から、乳児が初めてRSウイルス感染症に感染した時には気を付ける事! 様子がおかしくないかどうかなどをしっかりと観察する事が必要です。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ