あせも(汗疹)の薬は赤ちゃんには亜鉛華軟膏が良い?

泣いている赤ちゃん

赤ちゃんの肌はとても繊細で、しっかりとケアをしてあげないとすぐに肌トラブルを起こしてしまいますよね。

特に赤ちゃんはおむつをしていますから、どうしてもお尻などの肌が荒れてしまいやすくなるわけです。

最近のおむつは通気性が良いと言ってもやはりお手入れをしっかりとしてあげないと、あせもなどが出てひどくなってしまう事だってあるのです。

今回は赤ちゃんのあせものお薬として「亜鉛華軟膏」は良いのか?それとも悪いのかについてを調べてみました。

赤ちゃんとあせもは切っては切れない関係

赤ちゃんの肌は大人の肌よりも薄くて弱いですよね?

そのためどうしてもあせもなどの皮膚炎になりやすいものなのです。

しかもあせもが出ても赤ちゃんは自分でどうする事もできませんから、当然ですがお母さんのお世話のやり方によっては悪化する事だってあるのです。

赤ちゃんの肌の面積はとても小さいのですが、実はこの小さな体には大人と同じだけの汗腺を持っているのです。

体温の調節もあまり上手にはできませんから、どうしてもあせもができやすいのですね。

そしておむつなどで擦れてしまって悪化しやすくなってしまうのです。

それを改善するのに良いと言われているのが亜鉛華軟膏!

では具体的に亜鉛華軟膏の薬のメリットとデメリットをご紹介いたしましょう。

 

亜鉛華軟膏とは?

まずは亜鉛華軟膏というのがどんな薬なのかを知らなくてはいけませんよね。

亜鉛華軟膏というのは亜鉛が配合されている軟膏で、皮膚を保護して炎症を和らげるために作られたお薬です。

配合されているのは「酸化亜鉛」で、皮膚などに塗ると炎症を和らげてくれるだけではなく、ぐじゅぐじゅとした発疹の水分を吸収する働きもあります。

つまり亜鉛華軟膏を塗る事でぐじゅぐじゅとしたタイプのあせもを改善する事ができるというわけなのです。

ステロイドは入っていないので、塗ってすぐに「消えた!」と実感する事はありません。












亜鉛華軟膏をつけるメリット

赤ちゃんに亜鉛華軟膏が良いと言われている理由は色々とあります。

赤ちゃんにはくびれがいっぱいありますよね。

そのくびれにできたあせもというのは、どうしてもぐじゅぐじゅとしやすくなってしまうのです。

お母さんにとってはそれがちょっと悩みですが、こうしたぐじゅぐじゅとしたあせもの症状に、まさに亜鉛華軟膏はピッタリなのです。

つまりぐじゅぐじゅとしたあせもの改善ができるのが最大のメリットです。

副作用が無いというのもメリットの一つであると言えるでしょう。

 

亜鉛華軟膏をつけるデメリット

亜鉛華軟膏で心配されるようなデメリットはあまりありませんが、あるとすれば本当はあせもではなく、内臓疾患からくる発疹だった場合です。

改善するどころか放置してしまった事によってひどくなってしまう事もあるようです。

なので、もしも亜鉛華軟膏を塗っても症状が改善せずに、ひどくなってしまうようであれば病院に行くようにしましょう。

 

これといって悪いところが無いのが特徴

いかがでしたか?

亜鉛華軟膏を赤ちゃんに塗る事によるメリットの方が大きいという事がわかりました。

あまりデメリットが無いからといっても注意は必要です!

どんな薬でもそうですが、塗り方はしっかりと守って使うようにするといいですね。

赤ちゃんの肌に使うという事を考えて、しっかりと用法用量を守ればきっと辛いあせもをしっかりと改善できるはずです。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ