ノロウイルスの症状を解説!頭痛や発熱の症状も?牡蠣を食べた時は?

牡蠣

ノロウイルスは非常に感染力の強いウイルスで、注意して対処をしないと人から人へ次々に感染が広がってしまう恐ろしい病気なのです。

今回はノロウイルスの症状を具体的に解説するのと、頭痛や発熱などの症状が出てくると言われている牡蠣などの二枚貝を食べた時に発症する場合の症状についても簡単に説明いたします。

ノロウイルスの感染源ともいわれる牡蠣について

ノロウイルスに感染すると言われている原因の一つに牡蠣がありますが、実は牡蠣だけではなくいわゆる二枚貝を食べた時に感染したケースがあるのは事実です。

ではどうして牡蠣を含む二枚貝を食べる事がノロウイルスに感染する原因となるのかというと、それは二枚貝がノロウイルスに感染してしまっているからなのです。

ただし二枚貝でも牡蠣が一番ノロウイルスに感染すると言われている理由は、二枚貝の中で生食用として販売しているのが牡蠣だけだからかもしれません。

しかも養殖をしている牡蠣にノロウイルスの感染が多いと言われています。

他の二枚貝と同様によく加熱して食べれば感染せずに済むのも事実なのです。

 

牡蠣でノロウイルスの感染があるのには特徴がある?

よく冬場に牡蠣があたった!というお話をよく耳にしますが、特に養殖の牡蠣はある変化が原因で感染して、それが人に感染するというケースが非常に多いそうです。

例えば冬場に養殖場の近くの陸地でノロウイルスが発症した場合、排泄物はトイレから下水に、下水から処理場に行き、キレイな水になって海へ流されますよね。

ところがノロウイルスは浄化しても浄化しきれずにごく一部が流れ出てしまう事もあるのだそうです。

するとノロウイルスが植物性プランクトンについてしまい、それを牡蠣が食べて成長する事でノロウイルスに感染した牡蠣ができあがるわけです。

つまり、元をただせば人が牡蠣に感染させて、それが人に戻ってきただけのお話しなのだそうです。

 

雨が多い年にも牡蠣が汚染される事がある?

他にも牡蠣や二枚貝がノロウイルスに感染するという例がありますが、それは雨がとても多かった年にノロウイルスに感染する牡蠣が増えるのだそうです。

その理由は河にとどまっていたウイルスが、大雨によって海まで流されてしまうからなのだそうで、大雨が降った年にも注意しなくてはならないというわけです。

その目安は1日500ml以上雨が降った場合に起こりやすいという結果が出ているというから驚きです。












牡蠣や二枚貝でノロウイルスに感染した時の症状

牡蠣で食中毒になったという場合ですが、とにかく具合が悪くてそれ以来二度と牡蠣が食べられなくなったという人がいるくらいひどいと言われていますよね。

ですが、特に他の事が原因でノロウイルスに感染した時の症状と変わった症状が出る事はありません。

例えばよく言われるのが頭痛はあるのか?という事ですが、食中毒によって頭痛が起こるという事はほとんど無いと思ってもいいでしょう。

もしも頭痛が起こったのだとしたら、それは嘔吐や我慢をする事によって頭の血流が悪くなった事が原因ですので、頭を下げた時にひどくなる時は片頭痛の一種です。

気になるようであれば『冷やす』事で改善し、逆に頭を下にしても痛みが変わらない時には『温める』事で改善できます。

 

ノロウイルスで発熱は必ずしもない

よくノロウイルスで発熱するのでは?という意見もあるようですが、ノロウイルスの症状で発熱をする人は全てではありません。

発熱をする人もいれば全く発熱をしない人もいるので、一概に発熱しないからノロウイルスではないとも言えないものなのです。

この場合は嘔吐や腹痛など他の症状があるかないかでも判断する事ができるはずです。

 

冬場の牡蠣や二枚貝を食べる時の注意

ノロウイルスに感染した牡蠣や二枚貝を食べる事は実はめずらしい事ではなく、よく加熱すればウイルスは死滅するものなので本当は心配する事はないのです。

なので牡蠣を食べる時には

  • よく加熱して食べる
  • 生食用だからといって生で食べない

などに気を付けて食べるようにするといいでしょう!

さらに「今日ちょっと体調が悪いな」という時は、過熱をしっかりとしていても食べない方がいいでしょう。

ノロウイルスは感染力が強いウイルスなので、弱った体に入ったら悪さをしてしまうかもしれないからです。

 

最後に

いかがでしたか?

牡蠣だけがノロウイルスの原因ではないという事がわかっていただけたでしょうか?

これからお鍋がおいしい時期になります。

自分の体調やその年の気温やお天気や、ノロウイルスが流行していたかどうかなどについてもちょっとだけ考えながら牡蠣を食べるようにしましょう。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ