寝不足で頭痛が!治し方を紹介!寝すぎの場合の治し方も!

頭痛

普段から健康であっても、疲れてしまってついつい寝すぎてしまう事ってありますよね?

または逆に仕事が忙しくてなかなか睡眠がとれず、睡眠不足からくる頭痛もあるかもしれません。

今回は寝不足や寝すぎによって起こった頭痛の治し方についてを、簡単に説明していきたいと思います。

寝すぎと寝不足に頭痛なんてあるの?

普段から忙しくて慢性的に寝不足だったりすると、休日になると「寝だめ」をしようとする方がいるようです。

あまりにも寝すぎると起きた時に酷い頭痛になる事ってありますよね。

自分でも「寝すぎで頭痛がしている」とわかっている事が多いですが、どうして寝すぎると頭痛がするのかそのメカニズムについては知らない事が多いのではないでしょうか。

簡単に説明すると、寝すぎる事によってたっぷりと睡眠はとれるかもしれませんが、あまりにも寝すぎると体に負担やストレスを与える事になるのだそうです。

すると、強いストレスを感じた脳は頭痛を引き起こしてしまうというわけなのです!

では寝すぎの頭痛にはどんな治し方をすればいいのかを説明いたします。

 

寝すぎの頭痛の治し方

一般的に寝すぎた時の頭痛は片頭痛である事が多いので、片頭痛にピッタリな治し方をするしかありません。

片頭痛というのは頭を下に向けてふった時や、急に頭を動かしたりするとずきずきと痛みがひどくなる頭痛の事を言います。

この場合は脳の血管が拡張している事が原因なので、頭を温めてはいけません!

よく寝起きに寝すぎて頭痛がするからシャワー浴びてくる!という人がいますね。

あれは余計に頭痛がひどくなるのでやめた方がいいでしょう。

ではどうすればいいのかというと、寝すぎによる頭痛は冷やした方がいいのです!なので氷枕や冷たいタオルなどを当てると自然と治っていきます。












寝不足による頭痛の治し方

一方で寝不足の時にも頭痛がしますよね?

こちらの原因もストレスが関係しているのですが、寝不足でも寝すぎの時と同じようにストレスが原因なので、寝不足の場合も血管が拡張してしまっている事になります。

すると当然治し方としては頭を冷やしてあげるのが一番という事になります。

ですが早く治したいと思うのならば、頭痛薬を一時的に飲むのもいいかもしれません。

ただし根本的な解決にはならないので、できるだけ早く眠って脳の感じているストレスを軽減してあげるといいでしょう。

 

ストレスによって起こる頭痛を減らすには?

私たち人間の脳というのはストレスを感じると、あらゆる神経が敏感になる事があります。

それが頭痛を感じてしまう原因となったりするので、ストレスを感じないようにするためには規則正しい生活を送る事が非常に重要になってきます。

食生活もしっかりとバランスの良いものにして、寝る時間と起きる時間も毎日だいたい同じくらいにすると頭痛を感じなくて済みます。

普段からストレスに強い体づくりをしておくために、毎日決まった時間にお散歩などを取り入れてみてもいいかもしれませんね。

最後に、頭痛に効くツボを紹介している動画を発見したので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ