とびひとは?頭や顔・鼻にできたら保育園はどうすればいい?

とびひとは?頭や顔・鼻にできたら保育園はどうすればいい?

とびひというと痒くて痛くてどんどん広がっていってというイメージが強いのではないでしょうか?

とびひはまさしくそのイメージにピッタリなのです。

ところでとびひとはどういうものなのかを詳しく知りたくありませんか?

どんなところに出てしまうものなのでしょう?

今回はその疑問にお答えいたします。

とびひとはどういうものなのか?

とびひという名前がついているように、次から次へと飛び火のようにうつって広がってしまう皮膚炎の事を言うのです。

このとびひはその名前の通りで本人の健康な皮膚にも伝染してしまいますし、人に触れてしまっても伝染してしまう事がある皮膚炎なのです。

別名を伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)という立派?な伝染病なのです。

どんな人が発症するのか?

とびひを発症するのは赤ちゃんから大人まで、実に幅広い人が発症してしまうという皮膚炎で、家族同士でも注意しないと伝染してしまうのです。

そうなると当然ですが子供が発症してしまった場合、保育園はどうすればいいのでしょうか?

やっぱり休むべきなのかもしれないと思いますね。

でもとびひというのは特に保健所などでも発症したからといって隔離されるような事は無いと言います。

という事は、つまり保育園を休んで治療をしなくてはならないという事もないのです。












ある医師の話

例えば、とびひになったお子さんはプールに入らない方がいいという話を聞きますよね。

皮膚科の医師に聞いてみた話なのですが、医師の話ではとびひの子供と健康な子供が一緒にプールやお風呂に入っても感染はしないのだそうです。

ただやっぱり怖いというのがあるのでプールは控えた方が良いというのだそうです。

とびひは見た目が痛々しい

どうしてかというと、医師の話によるととびひというのは見た目が派手な皮膚炎なのだそうで、例えば顔や頭そして鼻などに出る事も多いそうです。

特に小さなお子さんの場合は頭や鼻など顔の部分に多く発症する事が多いので、見た目で感染してしまうのではないかと心配になってしまうのでしょう。

だからこそ早めの治療をした方が良いので、小児科ではなく皮膚科を受診して治療を行うようにした方がいいでしょう。

ただしとびひになってしまったからといって、保育園を休まなくてはならないとは限りませんので、保育園の先生とも相談しながら通うか通わないかを決めてもいいですね。

あとがき

いかがでしたか?

とびひという皮膚炎がどのようなものなのか?もしも頭や顔や鼻にできてしまったら保育園は休んだほうがいいのか?などについてをお話しました。

確かに伝染性の皮膚炎ではあるのですが、それほど神経質にならなくても大丈夫です!

ちゃんとに病院に行って正しい治療を行っていれば、保育園を休む必要もありません。

ただし頭部にできたとびひはつい触ってしまうという事もあるので、一応医師と保育園の先生とも相談しながら登園するかどうかを決定してくださいね。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ