とびひの市販薬で子供におすすめなものは!?

とびひの市販薬で子供におすすめなものは!?

子供の虫さされやあせもには気をつけてあげたいですよね。

その理由はとっても簡単で、とびひになってしまう事がよくあるから!

ところでとびひになってしまった子供に、市販薬を使って治療をしてあげたい。

そう思った時にどんな市販薬を使ったらいいと思いますか?

もちろん本来は病院に行くべきですが、初期の段階でなら市販薬だって治療はできるので応急処置的に使ってみるべきです。

突然のとびひ!市販薬はどれを選べばいい?

とびひだと気づいたらすぐに薬を塗ってあげないといけません!

そうしないと少しずつあちらこちらに飛び火してしまうからです。

しかも放置しておくと他のお友達や家族にまで飛び火してしまう事になるのです!

だってとびひは「伝染性膿痂疹」という病気なのですから。

そこで直ちに何らかの治療をしなくてはなりませんよね?

そこで登場するのが市販薬なのです。

子供でも危険のないとびひの市販薬とは一体どのような薬なのでしょうか?

では子供に塗っても大丈夫な市販薬をご紹介いたします。

子供もOK!とびひの市販薬

フルコートf(田辺三菱製薬)

最近人気が高くなっているのがこのフルコートfで、この薬は市販薬にも関わらずあらゆる皮膚炎などに効果があると言われているのです。

もちろん子供にも普通に使っていただいて大丈夫!

特に注目すべきなのは、湿疹や皮膚炎だけではなく虫さされやあせもにも効果があるという事です。

フルコートfを塗る事によって、痒みをしっかりと抑えてくれて掻きむしるのをストップさせ、悪化しないようにする働きを持っているのです。

薬そのものは半透明の軟膏で、塗り終わった後はそれほどベタつきは感じません。

こちらの軟膏は市販薬ながら「痒い」→「掻く」→「悪化する」という嫌なサイクルをしっかりとストップしてくれるのでお勧めです。












ドルマイシン軟膏(ゼリア製薬)

ゼリア製薬のドルマイシン軟膏もとびひの薬としては有名で、子供でも使う事ができるので多くのご家庭で利用されているのではないでしょうか。

この薬は本来は怪我をした時の傷口からのバイキン侵入による化膿を予防するため、そして治療をするための傷薬なのですが、とびひにも効果があるので重宝されています。

ちなみに同じゼリア製薬から販売しているドルマイコーチ軟膏というのもあるのですが、こちらの方がとびひに効果があると説明書にも書かれているのでお勧めです。

もちろん子供さんにも使うことができますし、抗菌作用のある抗生物質も配合されているのでお勧めです。

クロマイ-P軟膏(第一三共ヘルスケア)

赤ちゃんにも塗る事ができると言われているので子供にも当然OK!

こちらの薬は殺菌作用がある軟膏で、炎症を起こしている肌に塗ると赤みを抑える働きもあります。

どちらかというとじゅくじゅくとしている感じのとびひにピッタリだと言われていて、塗る事で炎症をしっかりと抑えてくれるのも嬉しいですね。

患部をしっかりと保護してくれる働きもあるので、塗った後はガーゼなどで軽くカバーをする程度でも大丈夫です!

一つ持っておくといいかもしれません。

薬を塗る時の注意点と

軟膏をとびひに塗る時には患部を清潔にしてから塗ります。

患部をまずキレイに石鹸をつけて洗い流してあげてください。

泡をタップリと使って患部を優しく洗い、キレイに洗い流してから消毒をします。

そして、薬を塗って、ガーゼで軽く保護する感じで覆ってください。

決して包帯などでぐるぐる巻きにしてはいけません!

理由は悪化させてしまうかもしれないからです。

そしてできれば病院に行ってとびひの治療薬などを処方していただくといいでしょう。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ