とびひにアルメタ軟膏は子供に使わない方がいい!?

とびひにアルメタ軟膏は子供に使わない方がいい!?

子供がとびひになってしまったら、なるべく早く治療をしてあげたいと思うものですよね。

ところで病院で処方していただける軟膏の中に、アルメタ軟膏というお薬があるのをご存知でしょうか?

薬箱の中にアルメタ軟膏を見つけてふと思ったりしませんか?

「この薬とびひに効果があるのだろうか?」と!

今回は子供のとびひにアルメタ軟膏を塗る事は良い事か悪いことかについてのお話をしたいと思います。

とびひという皮膚炎とは?

夏場に子供が虫さされなどによって痒い場所を引っ掻いてしまう事はよくある事ですよね。

その引っ掻いてしまった部分に、常在菌である黄色ブドウ球菌が繁殖してしまう事でとびひは発症します。

一度とびひを発症してしまうと、水ぶくれなどができてそこを引っ掻いて破いてしまい、そこから出た液があちらこちらについてしまい、結果的にそこもとびひになってしまいます。

もちろん本人の皮膚でも広がっていきますが、他人にも広がっていってしまうので注意しなくてはならず、最適な治療をしないと長引いてしまう病気なのです。

そのため初期の段階での治療も早い方がいいのです。

薬箱にあったアルメタ軟膏はとびひに良いの?

そこで「何か薬は無かったか?」と薬箱を覗く事になるのですが、この時発見したのがアルメタ軟膏だったとしましょう。

果たしてアルメタ軟膏は子供のとびひに塗っていいものなのか、それとも悪いものなのかの判断が難しいですよね。

それでは簡単にアルメタ軟膏の成分と子供に塗っていいのかどうかについてを説明いたしましょう。












アルメタ軟膏という薬とは?

アルメタ軟膏というお薬はステロイドが配合されている軟膏で、痒みや皮膚の赤みなどをとってくれる薬です。

つまり、皮膚炎や湿疹が出た時に使うお薬です。

ちなみに、効能には湿疹や皮膚炎や乾癬(皮膚病)蕁麻疹などや虫さされなどに効果があると言われています。

という事はとびひにも効果があるのかもしれない!と思うかもしれませんが、実はそう簡単にはいかないものなのです。

アルメタ軟膏は基本的に痒み止め?

この軟膏は痒みや赤みを抑えるために処方されるお薬であって、細菌性の病気などには効果がないと言われています。

ぐじゅぐじゅしたとびひなどには絶対に使用しない方が良いらしく、副作用などが現れる事もあるようなので注意しなくてはなりません。

もしも子供に使おうとする場合には要注意!

もしも使うとすれば虫さされの段階で使う方が良いでしょう。

あとがき

いかがでしたか?

アルメタ軟膏の効能などをしっかりと把握して、決して子供のとびひに塗ったりしないでください。

自宅に他の薬が無い場合には病院に行って受診をして、その子供の症状にあった薬を処方していただくようにしましょう。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ