喉風邪を早く治す方法を紹介!

喉風邪

暑い時期にこそ風邪には注意しなくてはなりませんね!

例えば「喉風邪」はとても厄介で、朝起きたら何となく喉が痛かったという場合には大抵がこれに当たります。

喉風邪の嫌な所は飲み込みをする時に痛みを感じてしまい、常に気になってしまうという点ではないでしょうか。

今回は喉風邪を早く治す方法についての特集をしてみたいと思います。

喉風邪とは?

夏の暑い時期に夜中にクーラーをかけて寝ていたから喉風邪をひいてしまったのだと勘違いしている方もいるかもしれませんね。

確かにクーラーのつけっぱなしはありますけれど、実は喉風邪もウィルスに感染した事で起こるのだそうです。

喉風邪の特徴としては、朝起きた時につばを飲み込むと痛みを感じるといった程度からはじまります。

他の風邪と同じように、喉風邪もウィルスに感染する事で発症すると言われているので、普段から気を付けて免疫を上げておくとか、寝る前にうがいをして寝るなどに気を配ってみてはいかがでしょうか。

 

喉風邪を早く治す方法とは?

まずは喉の痛みを軽減するためにも次の事を毎日行ってみましょう!

毎日ケアする事によって喉風邪を早く治す事ができるかもしれませんし、もしかしたら感染しにくくなる可能性だってありますよね。

 

うがいの徹底をする

夜眠る時はもちろんですが、外から戻った時にもしっかりとうがいをして、ウイルスが体内に入り込んでしまわないように防ぐ努力をしましょう!

もしも喉が痛いと感じた時には、喉に良いと言われる飴やトローチなどを舐めてもいいかもしれませんね。

飴に入っている成分やトローチの成分が、喉の違和感を鎮めてくれるお手伝いをしてくれる事もあるからです!

ちなみにうがいをする時にはうがい薬を入れるのもいいかもしれませんが、もしも使うのならばヨードが入っていないものを使うと、アレルギーがあった時にも安心かもしれません。

 

外出する時やクーラーの風に当たるところでのマスク

外出する時にマスクをする事によって、鼻や喉への負担を軽減する事ができます。

ここでプチトリビアですが、本来マスクは自分をウイルスから守るためにあるのではなく、ウイルスをばらまかないようにするためにつけるものです。

ほとんどの国では感染者がつけるものなのですが、日本はなぜかウイルスに感染しないためにつける人が多いようです。

ちなみに海外で病気でもないのにマスクを着けると「この人感染症にかかっているのか?」と思われてしまうのだそうですよ!

最近では海外でも感染しないようにマスクを着用する人が増えてきたのは事実ですが……。












夏場は意外と風邪をひきやすい?

夏場の風邪は冬場の風邪とは違って意外とひどくなりやすいと言われているそうですが、それは夏場というのは抵抗力が下がりやすいからなのだと言いますね。

外気温は高く湿度が高い状態ですが、ほとんどの建物の中というのはクーラーが効いていますので、どうしても温度差によって体温調節がうまくいかなくなったりするものなのだそうです。

なので何となく喉が痛くて喉風邪かもしれない? と思ったら、クーラーの温度をちょっとだけ上げて様子を見るのもいいようですよ! 問題なのは自律神経が乱れないように生活をする事なのかもしれませんね。

また、普段から栄養のバランスのとれた食生活を送るという事も必要な事なのかもしれません! 毎日気をつけるといいですね。

 

かぜ薬などを飲む

市販薬でもかまわないので、風邪薬やトローチなどを用法容量を守って飲むのも改善の方法だと言えるでしょう。

昼間は仕事や車の運転をする事が多いと思うので、できれば眠くならない成分の薬を飲むようにしてください。

また、最近では喉に直接塗るタイプの薬などもあるので、体質に注意しながら薬を選んでみるといいかもしれません。

ちなみに基本的に風邪は夏風邪でも冬場の風邪でも、ウイルスが出ていかなければ症状がなくなる事はありません。

薬はあくまでも症状を抑える事ができるという対処しかできない事を覚えておくといいかもしれません。

 

何よりも効果があるのはぐっすりと眠ること

しっかりとした対策をしたり、バランスのとれた料理を食べたりせずに無理をしていると、喉風邪は症状が悪化してしまう事もあります。

できる事ならタップリと睡眠など休養をとって体力と免疫力を回復する事に努めましょう。

 

まとめ

  • 外から戻ったら手洗いとうがい
  • 必要ならマスクの着用
  • 夏場には気温差に気を付ける
  • 市販薬でもいいので薬を正しく飲む
  • 休養を取って体力と免疫力を回復させる

 

これらの事を徹底することで、喉風邪を早く治すことができるでしょう!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ