頭痛や吐き気,寒気が!眠気も!考えられる病気や原因は?

頭痛

頭痛に吐き気が伴う場合もありますが、多くの場合は血流障害が原因など、あまり深刻な原因ではない事が多いようです。

ですが、もしも頭痛や吐き気の他にも、寒気や眠気があったとしたら不安になってしまうものですよね。

そこで今回は頭痛と吐き気、そして寒気と眠気がある場合の原因や病気についてを、お話ししたいと思います。

頭痛と吐き気そして寒気の原因とされる病気

頭痛が起こる原因は脳の病気だとは限りません。

確かに脳梗塞やくも膜下出血などの症状である事もあるでしょうが、他にも色々な原因があるものです。

例えば、風邪などの感染症にかかった場合にも頭痛がしますが、実は他にもいろいろと原因があるのです。

その中でも代表的なのがストレスが原因の頭痛で、頭痛の他にも寒気や吐き気そして眠気が襲ってくる事もあります。

例をあげて説明していきましょう。

 

うつ病などの精神疾患

うつ病を発症すると、多くの方は精神的な症状ばかりが出てくると思われるかもしれません。

確かに精神的な症状が出る事が多いのは事実です。

ですがその他にも身体的な症状が出てくる事も多いのです。

例えば頭痛は初期の段階からあらわれる症状で、他に吐き気や寒気が襲ってくる事もあり、特に熱を測っても熱が無い事もあるのです。

その理由は自律神経がおかしくなっているからで、この自律神経のバランスが崩れる事が原因で、他にも平衡感覚が崩れてしまったり、眠気が襲ってくる事もあります。

逆に全く眠気が来ないケースもありますが、もしもストレスが原因だと考えられる場合には、心療内科などで検査を受けるといいでしょう。












妊娠初期の症状

妊娠すると、初期の段階で色々な症状が出てくるので、身体の変化に戸惑う事もたくさんあるのではないでしょうか。

妊娠した事がある方ならわかりますが、妊娠初期の症状の中で最も有名なのが吐き気です!

妊娠初期はつわりという独特の症状があらわれます。

吐き気だけではなく実際に嘔吐を繰り返すので、血管の収縮によって頭痛を生じる事もあり、さらに妊娠すると体温が若干上がります。

そのため寒気をともなう事が多くなるというわけです。

その場合にはすぐにでも産婦人科に行って検査を受けるといいでしょう!

もしかしたら嬉しいニュースとなるかもしれません。

 

子宮内膜症

女性の病気の中でも特に難しくて避けたい病気の一つでもある子宮内膜症でも、頭痛や吐き気、寒気に眠気という症状があります。

子宮内膜症というのは子宮の内膜が他の部分にできてしまう病気で、月経不良や激しい腹痛などを引き起こすと言われている、非常に治療が難しい病気の一つです。

骨盤の内側部分の激しい痛みや腰痛などが起こりますが、特に月経の時の痛みは耐え難いほどの痛みだと言われています。

全ての方が頭痛、寒気、吐き気、眠気が起こるわけではありませんが、多くの方が頭痛や吐き気、寒気に眠気を感じると訴えています。

もしも生理痛が酷くて悩んでいるのならば、婦人科にいって検査を受けて、治療が必要ならばすぐにでも治療をする事をおすすめいたします。

 

症状の出方は個人差がある事を忘れない事

いかがだったでしょうか。

頭痛といっても色々な症状が重なって出てくるものですよね。

たかが頭痛だからと放置しているのはよくありません!

もしかしたらそれがとんでもない病気の症状かもしれないのです。

病気がひどくならないうちに早めに病院で検査を受けて、必要な治療を受けて早めに対処するようにしましょう。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ