頭痛の治し方を紹介!薬を飲む間隔は?

頭痛

頭痛がするとどうしてもイライラしてしまったりしますし、治らないとなると痛くて何もかもが手につかなくなってしまう事があります。

たとえ病気ではなくても頭痛が酷くなると「吐き気」や「嘔吐」を繰り返してしまったりする場合もあるので、できるだけ頭痛は早く治した方がいいのです。

一番早く効果を実感できるのはやはり頭痛薬ですよね?

そこで今回は薬を飲む時の不安でもある、頭痛薬を飲む間隔についてのお話をしたいと思います。

疑問1 頭痛薬はいつ飲めばいいの?

頭痛を常習的に感じているという方の多くは薬を飲む時の間隔も気になりますが、薬をいつ飲むのかも気になってしまうものですよね。

ところで皆さんは頭痛で病院に行かれた事はあるのでしょうか?

もしも頭痛があまりにもひどい場合には病院に行って一度検査を受けてみるのもいいかもしれません。

この時、医師に頭痛薬はいつ飲めば効果があるのかを聞いてみるといいでしょう。

というのも恐らく頭痛で悩んでいる方の多くは、頭痛薬を飲んでも効き目を感じないと感じているはずです!

ですがそれは薬を飲むのに適した時間ではないからかもしれません。

実は頭痛薬というのは飲んでから効き目が出てくるまでは時間がかかります。

なので、できれば頭痛を感じてきた段階で飲めば痛みを防ぐ事ができるのです!

痛くなるまで我慢してさんざん我慢して飲むから効果が薄いと感じるのです。

医師に聞いてみればわかりますが、医師は「頭痛を感じたらすぐに飲んでください」というはずです!

我慢はせずにすぐに何らかの対策を取るといいでしょう。












こんな経験はありませんか?

頭痛の薬ってどんな薬なのかご存知ですよね?

頭痛の薬は「解熱鎮痛剤」という薬で、他の薬と飲んだりすると劇薬になる可能性がある薬なのです。

経験者はわかると思うのですが、痛みが激しくて頭痛薬を飲んだけれどたいした時間を空けずに他の薬を飲んだところ、強い呼吸困難になったり体が痛くて動かなくなったりする事があるのです。

実はこれ、薬と薬の成分が混ざる事によって劇薬になってしまっている状態で、一歩間違うと死につながる恐ろしい現象なのです。

これを経験して語っている人はどうして助かったのかというと、病院に搬送されて処置を受けたか前に飲んだ薬の効果が消えつつあったため大事に至らなかったかのどちらかです。

こうした事故が起こらないように薬の箱には注意書きが書いてあるわけです!

では薬の間隔についてをお話ししましょう。

 

疑問2 頭痛の薬を飲む間隔は?

頭痛薬を飲む間隔ですが、夜中に起きて飲む事はしませんので、寝ているであろうと想定される時間帯は除いて計算をしていきます。

単純に計算をすると、24時間から8時間を引いてそれを3で割れば3回分の計算ができる事になりますよね?

これはあくまでも単純に計算をした数字です。

すると5時間30分くらいになりますが、頭痛薬の場合は成分の代謝と排泄の時間が他の薬よりも長いと思ってください。

なので最低でも6時間以上空ける事が条件となるわけです!

実はこれ病院でも注意されると思うのですが、頭痛薬の場合は6時間空けて飲んだとしても残っている成分があるのです。

痛みが続いた場合に繰り返し飲むと、代謝と排泄が間に合わず蓄積していく事になり、最終的には頭痛がひどくなってしまう事になります。

治し方として薬を選ぶのは良い事なのですが、できれば連続して飲まない事や多種類な薬を飲むのは危険なのでやめた方がいいでしょう。

できたらツボを刺激するマッサージをする、片頭痛なら冷やす慢性的な頭痛なら温めるなどを併せると安全でいいでしょう。

最後に、頭痛に効くツボを紹介している動画を発見したので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ