花粉症の市販薬を徹底比較!『アレジオン』『アレグラ』どっちが良い?

花粉

関東地方は2月の半ばから花粉症の苦しい時期がやってくるそうですね。

関東だけじゃない日本全国の花粉症でお悩みの方は、今年はどの薬がいいのだろうかと思っていらっしゃるのではないでしょうか。

本当ならば病院に行って薬を処方してもらった方がいいのでしょうが、ほんのちょっとの間だから市販薬で十分と考えている方も多いはずですよね。

今回は、市販薬の中でも「アレジオン」と「アレグラ」のどちらの市販薬がいいのかを比較してみる事にしました。

花粉症は一度発症するともとには戻れない?

なんて事をよく言われているようですが、確かにアレルギーが起こるともう以前の状態には戻れないといいますよね。

その理由は簡単です!

体内の免疫以上の蓄積が起こったからアレルギー反応が起こったわけですから、そう簡単にはもとには戻れないものなのです。

というか一度でも発症してしまったら、もうほぼ一生アレルギーと付き合っていかなくてはならないと考えた方が楽なのですね。

そこで毎年花粉症の時期になったら薬が必要になるというわけなんです!

ちなみに花粉症の症状が強く出る方の多くは、専門医で薬を処方していただくはずです。

ですがそこまで重度ではないと考えている方の方が多いせいなのか、病院で治療を受けずに市販薬で症状を改善しようとする人が多いのも事実なのです。

ここで問題が起こるわけですね?

どの市販薬が一番効果的に花粉症の症状を抑えてくれるのか? という問題です。

 

最近の市販薬は病院と同じ成分のものも増えている

病院に行くほどでもないと思っている方もいれば、病院に行く暇がないという人もいるので、市販薬に当然頼ってしまうわけです。

ちなみに病院と同じ成分の薬で市販薬となっているのは次の通りです。

  • アレグラ
  • エバステル
  • アレジオン

他にもいくつかあるようですが、このくらいが有名どころといってもいいでしょう。

実に驚きですが、花粉症に対して処方される薬が、市販薬としてこれだけ発売されているので、もしかしたら短期間の間だったら市販薬で間に合うかもしれません。

では今回はこの中から「アレジオン」と「アレグラ」の、効果などを徹底比較してみる事にしましょう。












アレジオン10、20

アレジオンは10と20の二種類が発売されていて、発売はエスエス製薬から発売されています!

価格は6錠入りで税込み1,316円(10)12錠入りで税込み2,036円(10)となっています。

まずこのお薬はエピナスチン塩酸塩という成分で、花粉やハウスダストなどによるアレルギー症状を改善させる働きがある成分を、10mg、20mg配合されているお薬なのです。

第2世代抗ヒスタミン薬なので、花粉やハウスダストに含まれているアレルギー物質に反応して、ヒスタミンが受容体にくっつくのを阻害するお薬なのです。

するとどうなるのかというと、くしゃみや鼻水、鼻づまりといった嫌な症状が出なくなるという効果があるのです。

ちなみにこの薬は、抗炎症作用があるので皮膚の炎症によるかゆみや、じんましんといった嫌なアレルギー症状にも優れた効果を発揮してくれるのです。

また、アレジオンは眠くなりやすいはずのアレルギーの薬の中で、あまり眠くなりにくい事で知られていますので、勉強や仕事などに支障が出にくいお薬だと言えるでしょう。

ただし肝臓に疾患がある方や、肝臓機能に問題があるという方が使うと症状が再燃する可能性があるので、使用するにあたっては病院で検査を受ける方がいいでしょう。

 

アレグラ

アレジオンと同様に第2世代の抗ヒスタミン薬で、主成分はフェキソフェナジン塩酸塩で、1日2回飲めば効くというタイプのお薬です。

やはり花粉やハウスダストなどによるアレルギー物質による、アレルギー反応を抑制する働きがある成分で、ヒスタミンが受容体につくのを阻害して症状を抑えるお薬です。

アレルギー性鼻炎の他にも、皮膚の湿疹や炎症によるかゆみなどの症状も抑えてくれますし、じんましんが出るという方にも処方されるお薬です。

病院では小児用としても処方してくれますが、これもアレジオンも同じように処方していただけるのですが、問題はアレグラの副作用です。

アレグラはとても効果の高いアレルギーのお薬なのですが、アナフィラキシーショックなどを引き起こす事があったり、肝臓の症状を悪化させたりする事あるので注意しなくてはなりません。

また、飲み続けていると口が渇いたり頭痛の原因になる事もあるので、市販薬を飲むよりは病院で体の状態を調べてもらってから処方してもらった方がいいでしょう。

アレグラは久光製薬から発売されていて、価格は14錠で1,314円税別、28錠で1,886円税別となっています。

 

比較してみてどちらがいいのか?

アレルギーの薬というのは比較してもそれほど変わらないというのが現状なのでしょうが、どちらの薬も効果はとても高いので、あとは自分の判断次第という事になるのかもしれません。

ですが、副作用の事を考えると、自分の身体がどんな薬になら対応できるのか、ショックなどは起こらないのかなどを、検査してもらって処方していただいた方がいいのではないでしょうか。

ちなみに花粉症の時期というのはかなり長い期間があるので、定期的に市販薬で購入するよりも、処方してもらった方が安くつくという事も考慮するべきですね。

どちらも医療用の成分ですので、どちらを選んでもいいのかもしれませんが、眠くなりにくいという事と、ショックを起こす副作用が無いだけ、アレジオンの方がおすすめだと言えるのかもしれません。

最後に、アレジオンの特徴を説明している動画を発見しましたので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ