花粉症の薬の強さを徹底比較!ランキング形式で紹介!

飲み薬

2月から花粉症のピークがやってくると言われていますので、花粉症で悩んでいる方にとっては最悪のシーズンが到来すると言っても過言ではないでしょう。

本来ならばアレルギー科などに行って、どの程度の花粉症なのかを調べて、自分に合った薬を処方していただくのが一番なのですが、中にはそんな暇がないという方も多いはずです。

そこで今回は、市販されている花粉症の薬の中で、効き目の強さがわかるように比較をしてみました!

ランキング形式にしているので参考になれば幸いです。

花粉症の効き目の強さ比較ランキング

今年の花粉症はスギだけではなくヒノキなどの飛散が、東日本では例年より多いと言われて、西日本では若干少ないと言われています。

いくら少ないとは言っても、毎年蓄積されているアレルギーなので、薬がなくても大丈夫! という方はあまり多くはないでしょう。

花粉症の薬を選ぶ基本となるのは効き目ですが、効き目だけではなくて副作用の問題についても考慮したランキングをご紹介いたします。

 

第1位 コンタック鼻炎Z

1日1回で効果が続くという事もあって人気が高いお薬ですが、人気の秘密は医療用成分のセチリジン塩酸塩が配合されているからです。

この成分は「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」などの嫌な花粉症の諸症状を、素早く改善してくれるのでおすすめなのです。

予防効果もあるので、花粉症のピークの前から使用しておくのもいいでしょう!

ただし副作用が出る事があるので、自動車の運転や機械での作業をする方には向きません。

 

第2位 ストナリニZ

こちらの商品も、花粉症の治療に使われている「ジルテック」という成分が配合されたお薬で、コンタック鼻炎Zと同じような素早い効き目が期待できます。

1日1回飲むだけなのはコンタック鼻炎Zと同じですが、眠くなりにくいような配合にしてあるのが特徴です!

ただし眠くなりにくいとは言っても車の運転や機械の作業は控えた方がいいでしょう。

炎症を止める働きがあるので、鼻の痛みや炎症を抑えてくれるお薬でもあります!

ピーク時の苦しい症状を素早く抑えてくれますが、強さは処方薬よりは少な目です。

 

第3位 アレジオン

市販薬なので処方されたアレジオンとは強さが違いますが、もともとアレルギー抑制のためのお薬として作られているので、花粉症が辛い時期を乗り切る事ができるでしょう。

これまで病院で処方されていた薬だっただけに、手軽にドラックストアで手に入れる事ができるのも嬉しい限りです。

ただし眠くなるという副作用はありますので、飲んでいる間は車の運転や機械での作業は控えた方がいいでしょう!












処方薬の効き目ランキング

市販薬でのランキングとは別に、処方薬のランキングもしてみました!

ただし副作用が強いものが多いので、市販薬とどちらがいいのかをしっかりと見極めるべきです。

 

第1位 効き目が確かな「アレロック」と「ジルテック」

アレロックとジルテックは共に、最も強い効き目があると言われている医療用のお薬です!

ちなみに市販薬としては販売されていないので、この薬が欲しい場合には病院に行くしかありません。

効き目が大変強くて花粉症の悩みは瞬く間に改善していくと言えますが、反面では強い副作用があるので、飲んでいる間は絶対に車の運転や、機械の操作などは行わない方がいいでしょう。

 

第2位 ザイザル

最近ストナリニZやコンタック鼻炎Zなどに配合されて市販薬としても売られていますが、病院で処方してもらう薬ほどの強さはありません。

市販薬とは比較できないほど薬の効果は強いのですが、やはり副作用が気になるのは事実で、眠くなるという事だけは取り除く事ができないもののようです。

効き目的には、アレロックやジルテックよりも若干落ちるので2位になりましたが、眠くならないという意味で言えば1位になってもおかしくない薬です。

 

第3位 アレジオン

強いアレルギーを持っている方に処方されるお薬で、予防効果も大変高いのでピークの前から飲んでも大丈夫な薬です。

効果の強さはアレロックやジルテック、ザイザルよりは劣りますが、眠気という副作用をあまり感じない事もあって、中程度の花粉症の方にはおすすめできます。

市販薬としても販売されていますが、処方薬の半分くらいの効き目なので、やはり病院で処方していただく方がいいでしょう。

 

自分にピッタリの花粉症の薬を飲む事が重要です

いかがでしたか?

花粉症対策の薬を購入する時の参考にしていただければ幸いです。

ご紹介した薬はそれぞれに良い点がありますが、強さばかりを追っていては副作用に悩む事にもなりかねません。

なのでまずはどの薬が自分に合うのかをしっかりと見極めるためにも、面倒だと思っても病院でアレルギーの検査などをしてみてもいいかもしれませんね。










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ