花粉症の薬の副作用で倦怠感などの症状が出ることがある?

花粉症の薬の副作用で倦怠感などの症状が出ることがある?

花粉症の薬を飲むと、身体がだるいといった倦怠感が出るという話を聞いた事がありませんか?

もちろん全ての人に倦怠感があらわれるという事はありません。

人にはそれぞれに感じ方というものがあるので、Aさんが倦怠感として感じるかもしれなくても、Bさんにとっては何も感じなかったりしますし、Cさんにとっては倦怠感ではなく眠いと感じる事もあるのです。

一概に倦怠感という副作用があるのかというのは肯定できませんが、感じ方によっては倦怠感として感じる事も確かにあるのです。

今回は、花粉症の薬の副作用の倦怠感などの症状についてをお話ししたいと思います。

花粉症の薬を飲むと倦怠感が? それって本当?

まず、花粉症というのは症状が出ている間は、ひと時も我慢ができなくて大変つらいアレルギー反応なのです。

花粉症の症状が出ている間は、ずっと鼻水が出ているという人もいれば、鼻水ではなく鼻づまりがひどくて夜も眠れないという事もあるでしょう。

そんな辛い症状を抑えるために、花粉症専用のお薬が市販されているわけですが、この薬の中には強い副作用が出るものも当然あるのです。

その代表的なものが、病院で処方していただける花粉症のお薬で、主に強い眠気がくるというのが代表的な副作用になります。

では薬の副作用で倦怠感を感じるという方はいるのでしょうか? 説明いたします。












花粉症の薬の副作用と倦怠感について

病院で処方される薬の中には、強い症状を抑えるために強い薬を処方してくれる場合もあります。

当然かもしれませんが、強い薬というのは副作用も強く出てしまうものなので、中には強い眠気が酷くてそれを我慢するために、常に眠くてたまらないという事もあるでしょう。

人によっては何をする気も起きず、これを倦怠感としてとらえる事があるはずです!

確かにそういう意味では倦怠感が強く出る薬は実在しているのです。

でもほとんどの薬が、耐え難いほどの倦怠感という副作用が出るとは言えませんよね?

例えば市販薬などは倦怠感を感じないものがほとんどです。

なので、花粉症の症状が軽いという方の場合は、市販されているアレルギーの薬を飲んでみてはいかがでしょうか。

病院で相談してみるのもいいでしょう!

花粉症の症状というのは、アレルギー物質の蓄積によって起こるのも一つの原因なので、毎年ひどくなる可能性だって十分に考えられます。

一度でも発症してしまったら、もう元には戻れないと思っても間違いではありません!

そこで、もしも花粉症で薬を処方してもらいたいと思ったら、病院で副作用についてを相談してみるといいでしょう。

医師も、強い倦怠感や眠気と言った副作用の症状があると知れば、副作用が少ないタイプの薬を処方してくれるはずです。

患者さんは、つい自分のわがままだから無理かも? と思ってしまうようですが、自分の希望を医師に伝える勇気を持つ事も必要です。

自分に出てくる症状は、自分にしかわからないものなので、できるだけ相手に自分が苦しんでいる事を伝えて、より快適に過ごせるようにお手伝いしてもらう事が重要ですね。

→花粉症の薬で副作用が少ないものを4つ紹介!

最後に、眠気の少ない花粉症の治療薬を説明している動画を発見しましたので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ