花粉症の薬をもらうには病院は何科に行けばいい?

花粉

春先になるとアレルギー体質の方は花粉症の症状で苦しむ事になると思うのですが、考えただけで気が滅入ってしまうのではないでしょうか。

もしも花粉症で悩んでいるのなら、いっそのこと病院を受診して、自分に合ったアレルギーの薬を処方していただきたい! と思ったりする方もきっといらっしゃるでしょう。

今回は、花粉症の症状が酷くて悩んでいる方が、病院に行くとしたら何科に行けばいいのかについてをお話ししたいと思います。

花粉症の症状は年々ひどくなるものだと思ってください

よく「今年から花粉症デビューだ」などとおっしゃる方がいますけれど、一度発症するとアレルギー反応は毎年出るようになります。

それだけ花粉症の原因となっている物質に対しての免疫があふれてしまったからなので、今後もずっと症状の出方に差はあるかもしれませんが、花粉症である事には変わりありません。

最初は市販薬を飲んで症状が治まっていたと思っていても、徐々に従来の市販薬では効果が実感できなくなってくるものなので、ある程度は覚悟しておいた方がいいのです。

それでも最近は、病院で処方している薬の販売が許されたため、以前よりはずっとずっと楽に症状を抑える事ができるようになったとは言えるでしょう。

ところで、花粉症の症状は年々酷くなっていくと言いましたが、より確実に自分のアレルギーの事を知っておくためにも、一度は病院を受診した方がいいかもしれません。

 

花粉症で病院に行くとしたら何科がいいのか?

病気や体調不良になると、必ずこの問題で悩む事になると思うのですが、花粉症の治療や検査をしたいときには、どこの病院の何科に行けばいいのか悩みますよね。

実は花粉症の症状を抑えるための薬の処方をお願いしたいのならば、自分に一番顕著にあらわれている症状を専門に治療している科に行けばいいわけです。

例えば鼻水や鼻づまりが酷い場合には、耳鼻科に行く事が一番望ましいと言えますし、目がかゆくて仕方が無い!という場合や、涙目で大変という場合には眼科に行くべきです。

ただし、それらの科ではその部分の薬の処方には強いかもしれませんが、鼻の症状であれば点鼻薬が中心になりますし、目の症状なら目薬が中心になるでしょう。

そうではなく、総合的なアレルギーの事やアレルギー症状を抑えたいと思うのならば、やっぱりアレルギー科や総合病院に行く事をおすすめします。












総合病院やアレルギー科が良い理由

まず一番の理由は、やはり身体にどんなアレルギーがあるのかをチェックする事ができるという事ですね。

最初に血液からどんな物質に対してアレルギーがあるのかをチェックして、そのアレルギーに合った薬を処方してもらう事ができます。

総合病院やアレルギー科の場合には、内服薬の処方はもちろんですけれども、鼻や目といった局所的な薬も処方してくれますので、一度で全ての薬をもらえて楽です。

時間的に余裕が無い現代人にとって、次はあっちの病院でその次はこっちの病院という事は避けたいものですよね。

 

アレルギーの薬は1年を通して飲むのがベスト!

ちなみに個人的にアレルギーの薬を1年中飲んでいるのでわかるのですが、アレルギーの薬というのは常習性は全く感じませんし、1年を通して飲んでいるので花粉症は感じません。

なので春先の花粉症の時期に合わせて薬を処方してもらうのではなく、1年を通して飲んで予防をしながら快適に過ごした方がいいのです。

そのためには、やはりアレルギー科もしくはかかりつけの病院があれば、内科であっても薬は処方していただけるでしょう。

一つ言えるのは、小さなクリニックというのは検査には時間がかかりますが、総合的な診療をするので、流行が予想される花粉症などの薬は色々と常備しています。

かかりつけの小さなクリニックがあれば、そのクリニックで相談してみてもいいかもしれません! 意外な穴場だったりするのでおすすめですよ!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ