【花粉症情報】2016年のピーク時期はいつからいつまで?

花粉

毎年花粉症で苦しんでいる方の中には、「今年はいつから花粉症が始まるの?」と思っている方もいるかもしれませんよね?

そこで2016年の花粉症はいつから始まるのか、いつまで続くのかを調べてみました。

ピークの時期がいつかがわかれば、より確実に花粉症へ備えることができますよね!

それと同時に2016年は、いつからいつまでが花粉症の時期なのかについても、わかっている範囲でお知らせいたします。

2016年の花粉症はいつからいつまで?

2016年の春からの花粉症の飛散開始時期は例年と同じくらいで、2月くらいから飛散が始まるといわれています。

もちろん日本全国が一律で2月から花粉症が始まるというわけではありません。

日本気象協会が発表したデータによりますと、2016年春の花粉症が始まる時期は、西日本で2月上旬から花粉症が始まるといわれています。

平年と比べると少な目なのだそうですが、去年よりも確実に多くなっているようです。

これは東日本でも変わらないのですが、普段から東日本は花粉症がひどいことが多いので、意外と2016年は東日本では花粉症が若干ではありますが、強くないと感じるかもしれないようです。

もちろん油断をしないことです!

ちなみに東日本の花粉症は1か月くらい後の3月頃から始まるといわれています。

 

各地域の花粉飛来開始時期

九州から中国地方の南側にかけては2月5日頃から飛散が始まると予想され、中国地方の北側と近畿地方と中部地方、そして北関東の太平洋側では2月10日~2月20日頃から飛散が始まると予想されます。

新潟県の北側と北関東、福島県にかけては2月の後半に飛散が始まると予想され、東北地方から北海道にかけては3月上旬頃から飛散が始まると予想されています。

つまりこの時期までにある程度花粉症への対策をしておけば大丈夫という事になります。












各地の花粉症のピークとおさまる時期

2月下旬~3月上旬までがピーク(福岡)3月上旬~3月中旬までがピーク(高松、広島、大阪、名古屋、東京)3月中旬~3月下旬までがピーク(金沢、仙台)となっています。

ちなみに今年は北海道、関東地方、香川県、岡山県、富山県、山形県は2015年よりもやや少なく、鳥取県、福井県、群馬県、秋田県、岩手県、青森県では少なく、奈良県は非常に少ないのだそうですので参考にするといいでしょう。

花粉症が収まってくる時期ですが、ピークを過ぎて1か月くらいすれば、対策をとらなくてもアレルギー症状が出る事は少なくなると言われています。

自分の暮らしている地域のピークに1か月足して計算するといいでしょう。

 

その土地によって飛散する花粉が違う事も忘れずに!

例えば北海道から南に位置しているところで「花粉症」と言ったら、たいていはスギやヒノキといったものが多いのですが、北海道だとシラカバの花粉症がひどいらしいです。

つまりその土地に生息している樹木によって花粉症も、花粉症の時期もピークも変わってくるというわけです。

なので、できれば自分の土地に関する、花粉症のニュースをしっかりと聞いたり、調べたりする事も必要だと言えるのではないでしょうか。

そうすれば、いつからいつまでが花粉症の時期なのかも確実にわかってくるので、備える時に慌てずに済むのでいいですね。

最後に、2016年の花粉症を説明している動画を発見したので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ