【花粉症情報】2016年はいつから薬を飲み始めればいい?

花粉

2016年の1月ももう半ばすぎてしまいましたね! そして春といえば花粉症の季節がやってきます!

毎年花粉症で悩んでいる方にとっては、薬を飲む時期も死活問題になってきます。

そこで今回は、花粉症の薬はいつから飲んだ方が効果を実感する事ができるのか?についてを調べてみましたので、参考にしていただければ嬉しいです。

花粉症の薬はいつから飲めばいいの?

よく花粉症の薬の飲み方で悩んでいる方がいるようですが、普通は薬というのは調子が悪くなってから飲みますよね?

なんでもないのに飲んでしまうと、何だか怖い感じがしてしまいます。

そこで病院などで花粉症の薬についてを聞いてみると、花粉症の薬というのはアレルギーを抑える働きがある薬なので、飲み続けた方が効果を発揮しやすいのだそうです。

どういう事なのかというと、花粉症はアレルギー反応なので、できればアレルギーの抑制のための薬を、早めに飲んでおいた方が良いというわけなのです。

 

アレルギーの薬はどうやって処方してもらえるの?

市販薬でも構わないのかもしれませんが、市販薬ってすぐに効果が薄いと感じませんか?

それに花粉症の薬は飲んですぐに効果を発揮してはくれません。

なので専用の薬を病院で処方していただくといいのです!

そのためには病院で血液検査を受けて、アレルギーの状態をしっかりと調べる必要があります。

病院でアレルギーが認められた場合、専用の薬を処方していただけるので、その薬を常に飲んでおくといいでしょう!

そうすれば春になってから慌てずに済みますよ!












市販薬の場合はどうすればいいのか?

市販薬の薬というのは一般的に、病院で処方してもらう薬ほど成分は強くありません。

病院での処方薬ほど期待はできませんが、花粉症かも?と思う2週間前くらいから飲み始めるといいですね。

ただ、症状別の花粉症の薬よりもアレルギーを抑える働きのある薬を選ぶ必要があるでしょう!

例えば『アレジオン』などがいいかもしれません。

『アレジオン』なら2週間くらい前から飲み始めても、ほとんど問題は起こらないはずです!

その理由は病院で処方しているアレルギーの薬だからです。

ですが薬を飲むだけではなく、もっと他の事にも注意しなくてはなりません!

 

花粉症は薬だけで予防や治療をするのではありません!

少しでも花粉症を軽減したいと思うのならば、花粉を体に付着させない努力が必要ですし、何よりも予防をするためにも「マスク」や「メガネ」などのグッズを併用しましょう。

花粉を体内に入れない努力をすることによって、花粉症の予防効果はもちろんですが、アレルギー反応を抑える事もできるので、体調管理としても大変役立つものなのです。

そして何よりも先にしておかなくてはならないのは、病院でアレルギーがどのくらいあるのかを、しっかりと血液検査してもらう必要があります。

自分のアレルギーをよく理解しながら花粉症対策をする方が、より確実に花粉症を楽に予防・治療ができるのです。

最後に、2016年の花粉症を説明している動画を発見したので、載せておきます!










合わせて読みたい!関連記事一覧

コメントを残す

このページの先頭へ